DAY4:Night★Tour~小笠原諸島父島の旅12


f0368936_13104112.jpg



日本はそろそろ夏休み終了?
皆さん宿題は終わりましたか~


私は宿題はいつも最後の1週間で
嵐のように終わらせるタイプでした。


それまで目一杯遊んじゃうほう(笑)


今年も夏が終わっちゃいますね、
しみじみ。





父島四日目の夜はナイトツアーに出かけました。


どちらのツアーに参加したのか忘れてしまいましたが
案内してくれたのは若者2人。


そう言えば父島に来て意外だったのは
離島なのに若者が多く
過疎とは全く縁のない様子だったこと。


小笠原出身者以外に本州から父島に来て
観光関係のお仕事されてる若者もいました。


一度小笠原の風景を見てしまうと
住みたくなるのでしょうね、
わかりますその気持ち。





というわけでお宿にお迎えに来ていただき
向かったのはコペペ海岸。


ちょうどこの日、
海洋センターの子ガメが放流されるという事で
運良くその場面に参加する事ができました。


これから海に放流される子ガメたち。


f0368936_13104217.jpg



がさごそがさごそごさがさごさ。。。。


まあよく動きます、元気です。


実際に手に取ってみると、
子ガメなのに物凄く力強くて驚きました。



f0368936_13104286.jpg



しかも小さいのに
すでにおじさん顔。



f0368936_13104216.jpg


これからうん十年、
天敵に負けず頑張って生きるのだよ。





子ガメたちとご対面後砂浜に向かいました。


辺りは月明かりのみ、真っ暗。


f0368936_13104268.jpg



お昼間のコペペ海岸の様子を載せておきます。


非常に綺麗です!



f0368936_13104250.jpg


(お写真は観光サイトからお借りしました)


コペペ海岸は日本の星空名所としても有名なんですって。





子ガメは夜間真っ暗闇の中、
月明かりの方向に向かって動きだす、
これが自然な形。


なるほど砂浜に放つと
一斉に月の方向=海の方向に向かって行きました。


子ガメが自力で水辺にたどり着くまで
見学者は動かず砂浜上の物と化しじっと見守ります。


真っ直ぐ向かう子ガメもいれば、
人間の足元にぶつかりぶつかり歩む子ガメ、
なぜか斜めに進路を取り遠回りをする子ガメもいたり、
それはまるで人生のごとく。


子ガメの放流、想像以上に感動します!
おすすめ!





コペペ海岸を後にいたしまして
次に向かったのは山のほう。


何を見に行ったかと言いますと。


これです、グリーンペペ。


f0368936_13104225.jpg


正式名夜光茸と言って
夜になるとネオングリーンに発色するキノコ。


左が明るい光の中での白いグリーンペペ、
右が暗闇の中で緑色に光り輝く様子。


上面はゼラチン状の膜で覆われているというから
触るとベタベタするのでしょうね。


特に雨後によく光り、、
虫を引き寄せ胞子を運ばせているそうです。





更に場所を移動いたしまして観察したのは
小笠原唯一の固有哺乳類である
オガサワラオオコウモリ。
(天然記念物、絶滅危惧種)


f0368936_13104274.jpg


フラッシュは勿論使用不可なので
真っ暗お写真。。。


夜行性で花の蜜やフルーツを好んで食べるのことから
フルーツバットとも呼ばれるそうな。





以上で小笠原諸島父島滞在中のアクティビティは終了。


海に山に昼に夜に目一杯堪能しました!


そしてそして父島のお宿と美味しいお話は次記事で





期間限定で参加してます。

f0368936_13102166.gif

にほんブログ村






f0368936_13070934.jpg

にほんブログ村シンガポール情報

f0368936_13070973.jpg

写真ブログフォトスタイリング

ランキング参加中♪お帰りの際にぽちっと一押し、ありがとうございます。





by chocolat2008 | 2015-08-22 00:00 | 小笠原諸島父島/日本2014

フォトジェニックな日々 Happy Singapore Diary ::::::::::::::::::::::::::シンガポール在住/時々日本、時々それ以外の国 /写真と旅とお花と美味しいものを少々の日々


by CHOCOL@T
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30