見納め■築地場内市場2015


f0368936_13112137.jpg


東京都中央卸売市場築地市場、午前9時、
激写する外人さんたち。

いよいよ来年秋(10月までに)豊洲に移転する
築地場内、水産仲卸業者売場にて。

移転したら現在のような風情ある市場の雰囲気は
味わえないということで
最近は以前にも増して激混み状態の築地でございますが
今回の一時帰国で早いところ見納めしておこうと
行って参りました。





東京在住の時はいつでも行けるからと
場外をふらふらして満足していたけれど
さすがに後一年で築地から無くなってしまうとなれば
しっかり場内も見ておきたい。

世界一の魚河岸、世界最大規模の市場は
外国人観光客を含め大層な人出で
師走になったら一体どんなことになるのか
想像しただけで恐ろしや

お馴染み築地4丁目交差点付近の場外市場の様子。

f0368936_13112107.jpg


豊洲市場へ移転するのは場内部分で
場外市場はこのまま築地に残るらしいです。

そんなわけで今回、場外はスルーいたしまして
場内へまっしぐら。

効率よく回れるよう
築地を熟知するプロにガイドしていただきました!


f0368936_13112139.jpg

ムツに下仁田ネギ、もやしにパスモetc...

入り口にある拾得物掲示板がかなりツボで
呑気にウケていたら

「おぅらぁ、じゃまだぁ、
どぅおけえええいっ」

と後ろから来たおじさんに
早速威勢良く怒鳴られてしまいました、すみません。

見学客、観光客急増で市場業務に支障が出るとは
こんな場面なんだろうなと反省。





場内にある水産仲卸売場を見学できるのは
業者さんたちの取引が終わった後で
午前9時からやっと入場可能。

なのでそれまで同じく場内市場にある
手前の青果仲卸売場を見学することに。

f0368936_13112225.jpg

お目当のお店の看板は
忘れないよう写真に収めておきます。

栗に葡萄に松茸に林檎、市場を見るだけで秋が満載、
とにかく新鮮で商品が美しい!

シンガポールで2ドル程度で買えるドラゴンフルーツが
1個500円で売っていて驚きました。

南国フルーツは築地に来ると
3倍価格でございますか、、、
巷に出たら更にそれ以上。

南国暮らしとしては
見てはいけないものを見てしまった感覚です。





そうこうしているうちに9時になりました。

水産売場に突入~

シンガポールの市場も床が濡れていて
ウェットマーケットって言うんですよ
なんてお話ししながら売場は世界共通だね、と。

f0368936_13112208.jpg

氷を積んだトラックに
ビュンビュン行き交うターレットトラックという名の
小型運搬車。

ぼやぼやしてるとひかれそうになる。

その昔、線路沿いに市場が作られた名残で
場内がカーブ状になっている様子が見て取れます。





早速マグロ。

マグロの有名仲卸の一つ、築地やま幸。

「~~様行き」と書かれたマグロには
誰もが知る有名店の名が載っていて結構萌えます。

f0368936_13112294.jpg

この辺りは貝類、海老など近海物多し。

今年のサンマはややお高め。

小腹が空き始めた良いタイミングで
築地佃権で練りものを試食、できたて最高

何しろプロ向けなので場外と違ってお安い反面、
購入単位が多めなのが残念なところ。

案内していただいたガイドさんはお顔が広く、
至る所でお声をかけていただき得した気分。

勿論ルールを守れば個人でも入場できるエリアですが、
ここはやはりよく知る人と来た方が俄然面白いですよ。





泣く子も黙るマグロ仲卸、樋長。

f0368936_13112229.jpg

天井からぶら下がっている取引店の札を見るだけで
ゴクリ。。。

名だたるお寿司屋さんから一流料理店、
ホテルがこれでもかと整列!

人間が楽々入れるほどのマグロ用木桶が
ずらりと並んでいる様子を見ると
やっぱり競り場も見たかったなと。

築地名物早朝のマグロ競りは午前5時半スタートで
見学受付開始5時のところ現在は超人気で
3時過ぎから見学希望者が集まるらしいです。

先着順120名限定、キビシー

参考までに → まぐろスペクタクル!築地のセリ場見学

ここだけのお話し、お隣にいた人が樋長の人と交渉していて
「シンガポールに...」と聞こえてしまった。

この時間だからプロではないはずだけど??





年末の必需品、鮭。

蟹にしらこにからすみに、
それからもうフグが出てました。

意外にこの日は冷凍マグロの切断シーンが見れず、
市場の奥の奥に行ってやっとこさ遭遇。

個人で購入することもできるけれど
解凍方法を間違うと
せっかくのマグロが台無しになってしまうから
難しいところです。

ちなみにシンガポールのお魚屋さんで
お魚管理が上手だなと思うのは
パラゴン地下のマーケットプレイスの店舗です。
大将なら間違いないです。

f0368936_13112273.jpg

〆に塩干品専門店の日本丸大で
しらすやちりめんを片っ端からお味見。

最終的にしらす干しを300グラム購入。





まだまだ仲卸売場に入り浸りたい気持ち
いっぱいでございましたが
ここで魚河岸横丁へ移動。

f0368936_13112289.jpg

仕入れに来る業者さんたちが日常使う(食べる)ものが
ぎっしり詰まった横丁。

本屋さんや神社まであります。

吉野家1号店の前で
外国人ファミリーが記念写真を撮っている
微笑ましい光景も。

茂助だんご
(だんご3兄弟のモデルになった老舗お団子屋さん)
で草餅を購入。

ここのお団子は本当に美味しいです、
特に草餅がオススメ!

色がついてるなんてレベルじゃなくて
緑の繊維がしっかり入ってます。






場内エリアを後にしたところで肝心要の鰹節調達。

ということで場外市場の鰹節問屋、
秋山商店に直行しました。

f0368936_13112247.jpg

一番左の木箱の中が最高級鰹節、特上削り1番。

がっつり500g調達2,268円なり、
あー御出汁とるのが楽しみです





今回の築地巡りでは市場散策&お買い物だけでなく、
握り寿司レッスンも受けてきました。

すしざんまい喜代村塾の寿司カルチャー教室で
人生初の体験。

巻物ぐらいは作るけれど、
さすがに握りは作ったことが無いのでがっつりお勉強。

f0368936_13112373.jpg

どうでしょう?一応それらしい形になりましたけど。

しかし、鯵の三枚下ろしからやらされるとは思わなんだ。

滅多にやらないものだからもたつきました、とほほ。

以上、朝からお昼過ぎまで
たっぷり築地を堪能いたしました。





おまけ。

道を挟んで向こう側に老舗料亭、新喜楽。

f0368936_13112353.jpg

芥川賞&直木賞の選考が行われる場所として有名です。





もうひとつおまけ。

遂に有料トイレ。

f0368936_13112333.jpg

とにかく外国人観光客多し。






f0368936_13070934.jpg

にほんブログ村シンガポール情報

f0368936_13070973.jpg

写真ブログフォトスタイリング

ランキング参加中♪お帰りの際にぽちっと一押し、ありがとうございます。





by chocolat2008 | 2015-11-03 00:00 | JAPAN 2015

フォトジェニックな日々 Happy Singapore Diary ::::::::::::::::::::::::::シンガポール在住/時々日本、時々それ以外の国 /写真と旅とお花と美味しいものを少々の日々


by CHOCOL@T
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30