マラッカ海峡★クルーズ・バケーションへ〜シンガポールからクルーズの旅2




f0368936_00451521.jpg





シンガポール在住中に
やっておきたいことの一つ
クルーズ旅行。




期間限定で参加します。
どうぞよろしく。

にほんブログ村 旅行ブログ 船旅へ




大型クルーズ客船が幾つも発着している
シンガポールの港から
気軽に船旅に出られるのですから
これは行かないわけはない〜



と、いつか行こう行こうと思っていたものの
気がついたら何年も過ぎていました。
随分と後回しになってしまいましたのう。





そんなわけで、
2015−2016年の年越しクルーズに
乗船した旅の記録をぼちぼちと。



珍しく結論から書きますが


良かった!
とにかく楽!


飛行機に乗らなくていいし
目的地まで寝てる間に
お部屋ごと連れてってくれるわけですし
船上時間は飽きることなく過ごせ
なかなかに楽しめましたよ。



所々で不満点はあれど
しかし総合的に見て良かった。
クルーズバケーションデビューには
ぴったりな内容だったと思います。




***




さて、今回乗船したのは
アメリカのロイヤル・カリビアンが保有する
マリナー・オブ・ザ・シーズ。






現在アジアに配船中のマリナー・オブ・ザ・シーズは
シンガポールと上海を母港としているので
年間を通してシンガポール発のクルーズが
沢山設定されているようです。
(ちなみに今年のGWは上海ー日本とのこと)



途中寄港地で船を離れた時に
遠目から撮った様子。




f0368936_00454613.jpg




定員は3,114人。
カジュアルなファミリー向けの客船でして
船内にはエンターテイメントが
ぎっしり詰め込まれています。



5泊中、寄港地は3箇所。
シンガポールからマラッカ海峡を北上して
マレーシアのポートクラン&ペナン島。
そしてタイに入ってプーケット。



今年末に出航する年越しセイリングが
同じ内容でしたので貼っておきます。




f0368936_00452162.jpg




上記プライスはベース金額で
寄港地でのエクスカーションやその他諸々で
費用は上乗せされていきます。
もちろん徹底的に節約して
プラスアルファは何もナシ
という選択もありますが。





シンガポールはロイヤルカリビアンの他
スター・クルーズやセレブリティ・クルーズなど
多数のクルーズ船の発着港となっています。




2、3日間のショートクルーズから
2週間のゆったりクルーズまで
客船クラスも
カジュアルからラグジュアリーまで
色々ありますな。



で、時々聞くのは、乗ったら
○○人だらけで圧倒された
という体験談。
うんまあ、気持ちわからないでも無いです。
我が家が乗船した年末年始は
そんなことは全くなく、ざっと見た感じ
西洋人3:中華系3:インド1
フィリピン&インドネシア1:韓国1:日本他1
といったバランスの良い構成でした。
以外にも日本人が少なかったです。



旧正月やインド系、ムスリム系などの
特定の休日に当たらないように気をつければ
偏ることは無いのかなと思いました。
その点では年末年始の西暦ホリデーは
ベストな感じを受けましたよ。




***




乗船までの流れ。



出航時間は夕方5時。
ですが混雑を避けるため
チェックイン業務は午前中から
やっているということで
我が家は早めに港へ向かいました。



シンガポールには二つの港がありまして
今回の出航地は新設された方の
マリーナベイ・クルーズセンター。



近いです。
自宅からドアツードアで10分。
日本だとわざわざ横浜や神戸まで
行かなくてはならないことを考えると
これが如何に楽であるかと。




f0368936_10465452.jpg



この日は2隻の客船が出航するようで
エントランスの荷物チェックインコーナーが
左右に振り分けられていました。





スーツケースなど大きな荷物を預けた後は
センター内でセキュリティチェックやら
カウンターにて正式チェックイン。




f0368936_10465793.jpg



ホールの案内によりますと
12時から船内でランチができますと。
それからパスポートは全員が
船側に預けることになります
ということでした。



船旅だとついうっかり
パスポートを忘れそうだけど
例えここで忘れたとしても
お家に取りに戻る余裕は
たっぷりあります。





チェックインカウンターで
SeaPassというIDカード兼ルームキーを
作って頂きます。



f0368936_10470103.jpg



カードの中には
航海中の個人データが全て入っております。
基本、航海中はキャッシュレスで
シーパスを提示するだけで簡単チャージ、
下船後にまとめて請求されるシステム。
(船内通過はUS$です)



それから、航海中非常に参考になる
クルーズコンパスという船内デイリー情報紙。
出航日はボーディング・エディションが出ていました。
内容を見ると船内に数カ所あるバーなど
11時には既にオープンしていたもよう。
スパは10時半オープンとありました。



こうゆう情報は日本人向けの日本語バージョンには
載っていないのだな。。。
紙面スペースに限りのある外国語訳バージョンは
ところどころ端折られているので
できれば元の英語バージョンが読めると
何かとお得です。





晴れて乗船!
諸々手続きでおよそ1時間かかりました。



f0368936_10470452.jpg



乗船したら反対側にお隣の客船が見えましたよ。
あちらは確か10日間以上のクルーズ
だったかと思います。





乗船したは良いけれど
荷物がステートルームへ届くのが
13:00からなので
(荷物の中にアルコールや
持ち込み禁止物を入れてたりすると
後でセキュリティに行く羽目になりますので注意)
ちょっと時間つぶしに軽くつまみながらお茶など。




f0368936_10470992.jpg



出航日のシンガポールは
今にも雨が降り出しそうな
どんよりとした空でした。





いざ!マラッカ海峡へ!



f0368936_00451364.jpg







ランキング参加中035.gif

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ






by chocolat2008 | 2017-04-05 00:00 | ★マリナーオブザシーズ&ピピ島2015

フォトジェニックな日々 Happy Singapore Diary ::::::::::::::::::::::::::シンガポール在住/時々日本、時々それ以外の国 /写真と旅とお花と美味しいものを少々の日々


by CHOCOL@T
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31