マリナー・オブ・ザ・シーズ★デラックス・バルコニー・ルーム〜シンガポールからクルーズの旅4






f0368936_16284977.jpg





宿泊したステートルームの
ご紹介です。





期間限定参加中。

にほんブログ村 旅行ブログ 船旅へ





まずは私達のお部屋の客室係、
W君の渾身のタオルアートを
ご覧下さいませ。




f0368936_16282388.jpg




豚さん、象さん、兎さん、蟹さん
1日撮り忘れてしまいました。



乗船してステートルームに入ると
程なくしてW君がご挨拶に来てくれましたので
そこで幾つかわからないことを尋ねまして
航海中はお世話になるだろうと
初めにお会いしたタイミングで
チップをまとめてお渡ししておきました。



チップは最後に封筒に入れて渡すとか
色々方法はあるそうですが
後で渡しそびれても何ですし
旅館の仲居さん法で
今回は先にお渡ししました。
結果、航海中は常に頼もしい存在となってくれ
とても居心地の良い旅となりました!
W君ありがとね。





さて、お部屋です。
マリナー・オブ・ザ・シーズの客室は大きく分けて
4つのカテゴリーに分かれておりまして

スイート客室
バルコニー客室
海側客室
内側客室

で、それぞれお部屋の位置やら大きさで
更に細かくカテゴリーが分かれます。



我が家はバルコニー付きの
デラックス・オーシャンビュー・ステートルーム
というものをセレクト致しました。



クルーズの旅というものは
早い人だと1〜2年前から
申し込んでいらっしゃるようで
当然良いお部屋は早い者勝ち。



出航3ヶ月前になって、ちょっと行ってみる?
な〜んて調べ始めた我が家には
ほぼ選択の余地はないわけで
ポツポツと売れ残っているステートルームの中から
ならば敢えて変わった場所を選んでみようと、
船尾のお部屋にしてみました。




f0368936_16283546.jpg




陸上のホテルルームと何ら変わりのない設え。
クローゼットにはハンガーが沢山あって便利。
船上とは思えないシャワーのクオリティ。
(が、時々水が濁りました、タイに入った時には若干消毒臭が)
シャワーブースのアメニティは
リンスinシャンプーと固形石鹸のみでしたので
必要ならばトリートメントなど
持参した方が良いかもしれません。



吃驚したのはエキストラベッド。
きっとソファーベッドになるのかな?
と思いきや、、、




f0368936_16285411.jpg



ででん。



頭上に設置。
これ結構怖かったな〜




船内の廊下や室内アメニティ。




f0368936_16284167.jpg



フリードリンクプランを申し込んでいたので
専用のタンブラーが届いていました。
毎日届くクルーズコンパス(船内紙)。
エビアンは1ダース(一人分)を事前に申し込み済み。
船内のあちらこちらでお水のサービスはあるので
この量で十分でした。



好きなお菓子やらフルーツやらは持ち込みで、
特に問題ありませんでした。
持って行って良かったです!



愕然としたのは
シンガポールの電源プラグ形状が
直接使用できなかったこと。
外国籍船ですから当たり前なのですが
何を血迷ったか私だけ
変換アダプターを持参していなかった。



船内Wi-Fiは
2デバイスでアンリミテッドアクセスプランを
事前申し込み済み。
しかし、船内の電波感度はあまり良くなかったです。
いざとなったら館内電話使ってました。



お部屋の鍵が例のカードキーだったのですが
ついついカードを忘れてしまい
何度ロックアウトされたことか。
カードケース持参して
首からぶら下げておけばよかったです。。。
それに急にカードが効かなくなるトラブルが何度かあり
結構厄介でした。





肝心の船尾のお部屋のベランダは如何に!?



f0368936_16285869.jpg



おおお、広いですね〜
しかも梯子付き!?と思いきや




f0368936_16290337.jpg



出られません(笑)




一体何なの?この無駄に広いスペースは?



出港後、反対側に停泊していた客船を見ますと
船尾のお部屋のベランダは海にせり出しています。



f0368936_16290701.jpg



ああゆうのを想像していたのに(勝手にね)
全くもって何も調べずに決めちゃったなあと。
まあ、仕方ないです。




f0368936_16284531.jpg



その代わり、同じカテゴリーのお部屋より
ベランダが広く作られていて
ルームサービスの朝食をバルコニーで
頂くことが出来ましたよ。



雨風日差しの影響を受けることなく
なんだかこのスペースだけで一部屋感覚、
静かで気に入りました。
長期クルーズならバルコニーは
この位の広さはあった方が良いですね。





肝心の航行中の揺れに関して。
立ち眩み程度で
掛けてあるタオルが少し揺れる位でした。
ペナンを出て海峡が開けたら
短い間でしたけど結構揺れた気がします。
船酔いされてる人は見かけませんでしたが
心配な方は酔い止めを持参された方がベターかと。








ランキング参加中035.gif

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ






by chocolat2008 | 2017-05-09 00:00 | ★マリナーオブザシーズ&ピピ島2015

フォトジェニックな日々 Happy Singapore Diary ::::::::::::::::::::::::::シンガポール在住/時々日本、時々それ以外の国 /写真と旅とお花と美味しいものを少々の日々


by CHOCOL@T
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31