カテゴリ:★コサムイ/タイランド2012( 10 )


f0368936_13000384.jpg



長々と綴って参りましたコサムイ滞在記。


はっ!延ばしに延ばして10回も!


そんなわけで最終記は
ヴィラから暇さえあれば撮りまくっていた
空と海の数々。





プライベートヴィラが立ち並ぶ海岸線を
ゆっくりとお散歩する老夫婦。



f0368936_13000365.jpg






お決まりのフィッシング。
(私は乗らなかったけど)


f0368936_13000337.jpg



船はホテルの方が手配して下さいました。


目の前のビーチまで来てくれるという
超らくちんボートフィッシング♪


海に浮かぶファイブアイランドまで行ったら
何と住人がいて吃驚したそうな。


どうもあの島々では
『燕の巣』を採って輸出しているらしい。。。





夕暮れの色。



f0368936_13000323.jpg



こんな色の日もありました。



f0368936_13000359.jpg






滞在中、珍しい月と星の並びに遭遇致しました。


上から金星、月、木星、見えるかな~



f0368936_13000351.jpg



二つの星が月を挟んでほぼ一直線に並ぶ空は
とてもとても印象的なものでした。





宿泊最終日、ホテルの方の提案で
ビーチからバルーンを飛ばすことに。


灯をともすと熱でふわっと浮き上がる紙製のバルーン
手を離す前に願い事を唱えるそうです。


バルーンは広い広いコサムイの空を
ゆっくりとどこまでも登って行きました。


感動しました、ありがとうございました。





以上、ゆるりゆるりと綴って来たコサムイ滞在記、
これにて〆でございます。



f0368936_13000410.jpg



ขอบคุณ ครับ/ค่ะ
ありがとう(Thank you)




f0368936_13000491.gif







by chocolat2008 | 2012-07-14 00:07 | コサムイ/タイランド2012

f0368936_12592129.jpg



宿泊ホテルから近い西海岸の
ナトン・タウンというところに寄ってみました。


ナトン・タウンはサムイ島の玄関口で、
航路で島を訪れる場合はここが発着地点になります。




ちなみにサムイ島一番の繁華街、
東海岸のチャウエン・ビーチ・ロードは
さくっと車で島内一回りした際にチラ見して来ました。
どこもかしこも観光地化されていて
思わず箱根を思い出してしまった。。。
それにしても西洋人が多かったです、
それもヨーロッパ系。




小さなお土産屋さんやマーケットなどが並ぶ
素朴な商店街。



f0368936_12592118.jpg




何かお買い物をすると言うよりも、
今回はお写真を撮る為に訪れました。




f0368936_17525769.jpg



タイ名物のソープカービング。



f0368936_17531864.jpg



お土産屋さん色々。



f0368936_12593464.jpg



屋台。



f0368936_12593461.jpg



ポスト。



f0368936_12593583.jpg



道の脇に整然と並ぶバイク達。



f0368936_12593589.jpg



極彩色。



f0368936_12593529.jpg



混沌。



f0368936_12593566.jpg



島全体に言える事だけれども、
大量に露出した電線が至る所にあるので
早く地下に埋め込んだ方が良いのではないかと思う。





f0368936_12593588.gif





by chocolat2008 | 2012-05-26 23:54 | ★コサムイ/タイランド2012

f0368936_12593614.jpg



コサムイ滞在中、
ずっとホテルの中に籠もりっきりってのもアレなので
車を出していただき
軽く島内を1周してみることにしました。


とは言え、島をぐるりと一周するには
ものの1時間程あれば出来ちゃうわけで
あっという間のプチ観光~♪





その1、ビッグ・仏陀/ワット・プラ・ヤイ


f0368936_12593623.jpg



島の北東エリアにある寺院で、
一応サムイ島ナンバーワン観光地なんだそう。


きっらきら黄金色に輝く
巨大な仏陀の全長は約12m。


しかし、例に漏れずタイの仏像は
煌びやかですよね。



f0368936_17545772.jpg



長い階段を登り切った所に鎮座されておられるので
海側陸側が一望できるようになってます。


残念だったのはちょうど改修工事中で
海側に行けなかった事。


島内にはもう1カ所、
巨大な真っ白観音のある寺院もありましたが
そちらは車窓からチラ見のみ。





次に東南エリア、ラマイビーチに移動。


f0368936_12594324.jpg



ビーチの南端に位置するこの場所も観光地。


一体全体何があるっていうの??



その2、ヒン・タ&ヒン・ヤイ
(おじいさん岩&おばあさん岩)


こっちがおじいさんで。。。


f0368936_12594357.jpg



わかる?
男性のシンボルらしきものが見えるわよね?



で、こっちがおばあさん。。。


f0368936_12594306.jpg



なんだかもう、
ここが観光地になってしまう事自体が面白過ぎ
f0368936_12573900.gif


何かご利益でもあるのかしら?


結構訪れる人も多いようで
パーキングから海辺までの道中には
お土産屋さんがびっしりとヒシメイテおりました。



で、こちらでサムイ島名物の
ココナッツ・キャンディを購入。


f0368936_12594492.jpg



サムイ島の名産品ココナッツを使ったキャンディって
一体どんなもの?


と興味津々でしたが、これがまた


非常に美味しいの
f0368936_12573694.gif


固い塊を想像していたのに、
意に反してもっちもち&ぶよんぶよんのキャンディ!


ココナッツ以外に
パンダンリーフとうるち米のフレーバーもあって
私はかなりはまりました。


ちなみにホテルのスタッフさん曰く、
このお土産ストリートの一角にある
お店のキャンディが元祖で
一番美味しいそうです。



更に
「沖に見えるあの岩には何か意味があるのですか?」
と言う質問に


f0368936_12594478.jpg



「特にない」とのこと。


うふっふ、サムイ島、面白過ぎ。





その3、ヒン・ラの滝


f0368936_12594440.jpg



ホテルのある西海岸から
比較的近い内陸部にある滝。


ちょっとしたハイキング気分を味わえました。


ここでうちの子は岩から滑り落ち
下半身ずぶぬれになりました。


よって肝心の滝現場まで到達できず。


f0368936_12594577.jpg



山の水なので
吃驚する程冷たかったそうだ。


油断は禁物です。





以上プチ観光でした~




f0368936_12573739.gif






by chocolat2008 | 2012-05-19 20:40 | ★コサムイ/タイランド2012

f0368936_12594655.jpg



朝食編→ランチ編と来て
お食事記事の〆はディナー編。


更に色々リクエストさせて頂きました!


人生でこんなにタイ料理にまみれたのは
生まれて初めてです。


じゅううんねん前に
友人とタイを旅行した時だって
記憶に残ってるのはタイスキぐらいだものね、
ははは~





そんなわけで、いの一番で王道を。


トムヤムクン
タイ風エビのスープ


f0368936_12594737.jpg



言わずと知れた世界三大スープの一つ。


旨味といいコクといい酸味辛みといい
大満足のお味でした
f0368936_12573726.gif






タイ料理は辛いモノが多く、
子供が食べられるお料理が無くて困ります。


なので家族で外食する時、
タイレストランが候補に挙がる事はまず無し。。。


今回もどうしようかな、、、なんて思っていたら
シェフがその辺をきっちり考えて下さっていて


辛くない(辛みを抜いた)タイ料理も
作って下さいました。


ガイパッメッドマッムアン
鶏肉のカシューナッツ炒め


f0368936_12594747.jpg



本当は唐辛子入りでピリ辛なお料理の筈なのに
子供がパクパク食べれる様に辛み無し。


お陰でモリモリ食べてくれました。


鶏肉のカシューナッツ炒めは
中華料理でもメジャーな一品で私もよく頂きますが
タイ風の味付けもなかなか美味しかったです、
大好きになりました。





ディナーの時、かなり照明が落とされていたので
兎に角お写真に苦戦しました。


無理矢理撮ったので、
どれもこれもぼけぼけになってしまいました、
とほほ
f0368936_12551971.gif


完全にピントがどこかに飛んじゃってる
痛恨の一枚。


トートマンプラー
魚のすり身揚げ


f0368936_12594792.jpg



ええっ!?一体どれ?って感じよね。


はい、手前の揚げ物です、
タイ風さつま揚げです。


海老バージョンも頂きましたが
お魚バージョンもとても美味しかったです。





どうしてもタイ語でお料理名が分からないお品。


白身魚の香草スープ仕立てっていうのかな。。。


f0368936_12594776.jpg



シェフご自慢のお料理で、
人気のメニューだそうです。


実に美味しかった!
お出汁が最高!


柔らかくてほくほくのお魚に
薬味がぴりりと効いていて
日本人好みの一品だと思います。


もう一度食べたいです。





タイ料理好きな人を虜にすると言われるサラダ。


ヤムソムオー
ポメロのサラダ


f0368936_12594793.jpg



ポメロ(ソムオー)のサラダは
シンガポールでもタイ料理店で食した事があるのだけれど
もう全然違いますね、ポメロの美味しさに吃驚。


タイ産のポメロは、
今まで食べて来たマレーシアのイポー産のものと違って
柑橘味が濃いです。


そんなポメロやライムの柑橘味にお砂糖の甘み、
そこに干しえびやナンプラーの旨味で
どうにもこうにもクセになるサラダでした。


はまるわけが分かるわ。


日本では暫くの間
タイ産のポメロは輸入禁止だったそうで
今年2月に解禁になったそうです。


文旦やグレープフルーツで代用して
サラダを作っていた方には朗報ですね♪





トムカーガイ
鶏肉のココナッツミルクスープ


f0368936_12594882.jpg



ココナッツミルクにたっぷりハーブの風味が効いた
エキゾチック度満点なスープ。


更にカプチーノ仕立てになっていて
見た目にもお洒落なお料理でした
f0368936_12573694.gif






極めつけはやはりこれでしょう。


ゲーンキアオワーン
タイ風グリーンカレー


f0368936_12594805.jpg



青唐辛子ペーストのココナッツミルクカレーは
ジャスミンライスと共に。


グリーンカレーのペーストは容易に手に入る食材なので
おうちでも気軽に作れるものではあるけれど


やっぱりいつかは本格的なタイ料理教室に通って
マスターしたいお料理かな。





お勧めのデザート。


カオニャオマムアン
餅米とマンゴーのココナッツミルクがけ


f0368936_12594868.jpg



タイ料理のデザートって兎に角甘いって印象が強くて
殆ど頂く事が無かった私。


「ええ?なんでお米とフルーツがドッキング?」


と聞いただけで意味不明になっちゃいましたが、
いざ食べてみるとおおなるほど、
と激しく納得。


なんでも味わってみるものですね、
食の世界は無限大ですわ。





シェフ様、そしてホテルスタッフの皆様、
リクエストに応えて下さりありがとうございました。


お料理だけでなく、
お料理に添えられたフルーツ&ベジタブルカービングも
素晴らしかったです。


以上、タイの食文化、
伝統芸にどっぷり浸かれた
大充実のお食事シーンでした。





f0368936_12594843.gif






by chocolat2008 | 2012-05-12 18:32 | コサムイ/タイランド2012

f0368936_12585206.jpg



お次はランチ編♫


お席に着いたら
さくっと出て来たライチのスムージー、
美味しかった!





ランチメニューもタイ料理で
食べたいモノをシェフにどんどんリクエスト。


私がタイ料理で最も好きなものは、、、


ソムタム
青パパイヤのサラダ


なので真っ先にリクエストしちゃいました。



f0368936_12585259.jpg



兎に角この食感と風味がたまらなく好きで、
タイ料理を頂く時は必ずオーダーするメニュー。


それくらい好きです~


いずれ本格的にタイ料理を習いに行きたいと
思っているのだけれど
まずマスターしたいのがソムタムだな。。。





次に好きなものは、


ヤムウンセン
春雨サラダ


f0368936_12585304.jpg



辛いけどやめられない止まらない、、、
で滞在中2回作って頂きました
f0368936_12573900.gif


お皿の上には
キュウリで作った土手?のようなもの。


今まで食べた中で
最も綺麗で美味しいヤムウンセンでした。





これも好き。


パッタイ
タイ風焼きそば


f0368936_12585389.jpg



パッタイのライスヌードルは細麺ではなく
シェフが好みの平打ち麺。


美味しかったな~
f0368936_12573694.gif






私が到着日のお夜食に食べそびれた


トートマンクン
海老のすり身揚げ


f0368936_12585326.jpg



どうしても食べたくて
もう一度作って頂きました。


リベンジ成功!





こちらも王道


カオオップサッパロ
パイナップル炒飯


f0368936_12585381.jpg



ちゃんとパイナップルの半切り器に
盛られてきました。


南国っぽくて見た目もGOOD。





そして最終日のランチの〆に出て来たのが


トムヤムクンヌードル
タイ風海老スープのヌードルバージョン


f0368936_12585315.jpg



世界三大スープのトムヤムクンを
麺と頂くのは初めてかも。


恐らくヌードル用に多少スープの濃度を
調節したりしているのでしょうね。


ヌードルとの相性が抜群でした、
おーもう一度食べたいぞ。。。





f0368936_12573545.gif






by chocolat2008 | 2012-04-30 16:53 | コサムイ/タイランド2012

f0368936_12585813.jpg



旅先の大きなお楽しみの一つが食べ物
f0368936_12573900.gif


訪れる国やその土地ならではの
食材&お料理を見たり食べたりするのが
この上なく好きな私。


タイと言えばやっぱりタイ料理ですものね~


今や何処にいても食せるタイ料理だけれど
本場の味を堪能したくて
今回はリゾートの専属シェフ様(因みに女性)
タイ料理を沢山作って頂きました。


なんと到着翌日の朝食以外は
全てタイフード・オンパレード♫



f0368936_12585869.jpg



こちらある意味、貴重なウェスタンブレックファーストのお写真。





二日目の朝食に出て来たのは
シェフご自慢のタイ風雑炊。


f0368936_12585990.jpg



お出汁の効いたスープの中に
白身魚と生姜や大蒜などの薬味がたっぷり入ったもので
一度食べだしたら止まらなくなる程の美味しさでした。


これは飲み過ぎた翌日の朝食にぴったりといった感じ。


あーもう一度食べたい!!!





三日目の朝食は
クイティアオ(平たいライスヌードル)をつかった炒麺。


f0368936_12585968.jpg



お野菜や鶏肉が入った一見中華風な一皿、
でもお味は甘めで中華料理とは似て非なる一品。


タイ語でなんと言うお料理なのでしょうか?


こちらのシェフは特に
幅広の平打ち麺をつかったお料理がお得意なようで
滞在中何度か出てきましたね、
美味しかったです
f0368936_12574224.gif


タイ料理のクイティアオはあっさりしていて喉越しもよく
すっかり好きになってしまいました。


そういえばシンガポールにもクェイティアオという
ほぼ同じ名前のライスヌードルがありますが
まあ、どちらも中国本土から
華僑と共にやってきた麺なんだと思います。


食文化の繋がりって面白いです。





朝食には毎回カラフルで
新鮮なタイフルーツが並びました。


f0368936_12590077.jpg



おうちでは普段食べられない量の南国フルーツを
これでもかと堪能♫



f0368936_12590093.jpg



テラスで朝からモリモリ食べまくりです。





f0368936_12590025.gif







by chocolat2008 | 2012-04-23 13:37 | コサムイ/タイランド2012

f0368936_17582068.jpg



ゲストは私達家族だけ、というヴィラにて
毎日どのように過ごしていたかと言いますと、、、


うーむ、ひたすらノンビリ、ですかね。





5つあるヴィラの中から
一番海側をメインに利用させてもらいました。


基本的に私達しかいないので
何処を使っても良いらしいですが
既に2ベッドルームあるので充分すぎる程。


f0368936_12590663.jpg



お部屋の隅々までお写真撮りたかったのだけれど
如何せん、到着が夜だったもので、
一夜明けたら私達の私物がそこかしこにあってボツ。


バスルームとか凝ってて素敵だったのに。。。





ここはリビングルームの様な場所。


f0368936_12590783.jpg



いや~、もうちらっと見ただけで
殆ど利用しませんでした。


更にリビングルームとは別に
シアタールームなんてのもありまして
appleTV完備。



f0368936_12590713.jpg



うちの子はここまで来て
『マインクラフト』Youtubeで見てました。


何やってるんだか
f0368936_12590739.gif






私はと言いますと、
滞在中二回スパに行かせてもらいました。


行くと言うよりも
「来てもらう」と言った方が相応しいかな?


f0368936_12590808.jpg



サムイ島内の某ホテルから
腕利きの施術者が出張で来てくれるの。


フェイシャルもマッサージも抜群でした、
久しぶりに大満足!





なんだかホテルと言うよりも別荘感覚な日々。


でも、何がいいかって、、、
それはお食事。


f0368936_12590850.jpg



プールの向こうに見えるのはダイニングルームで
毎日こちらで朝食からランチ、ディナー、
3食きっちり頂きました。


それも好きな時間に好きなものを好きなだけ
f0368936_12573726.gif


「明日は何食べましょうか?」
なんて相談しながら
お料理は専属シェフが作って下さるの。


作って頂いた数々のお料理は
別記事にてUP致します。





そんな感じでゆったり過ぎる時間、
久しぶりでしたね。


f0368936_12590950.jpg





f0368936_12590918.gif






by chocolat2008 | 2012-04-15 17:05 | ★コサムイ/タイランド2012

f0368936_12590913.jpg



『お籠り系』リゾートホテルが豊富なサムイ島。


一昔前はバックパッカー天国だった島も、
今や超ラグジュアリーなトップブランドホテルが
次々に進出して来て
随分とセレブな島になってきてるらしい。


コンラッド、W、フォーシーズンズ、
シックスセンシズ、バンヤンツリー。。。


さて何処に泊まろうか?


サムイ島のホテルは大型リゾートホテルだけでなく
実はスモールラグジュアリーホテルの選択肢も
盛りだくさん。


ならばと言う事で、今回は思い切って
プライベートリゾートを選択してみました。





場所は繁華街やホテル群が集中していて
賑やかな東海岸ではなく最近注目の西海岸。


お友達から素敵なプラベートヴィラを
紹介してもらいました。


f0368936_12590931.jpg



入り口のホールを見た瞬間、予想外の規模に


「ここは本当にプラーベートなの?」


と尻込みしそうになりました。。。



f0368936_12591119.jpg



今すぐ、雑誌の撮影に使えそうなこの風景。


「ちょっと待って、本当に私達だけ?」



f0368936_12591175.jpg



リゾート内にヴィラは5つ存在します。


でも、宿泊は一組のみ。。。


二人でも一組、数家族で来ても一組、
自分たち以外知らないゲストはリゾート内にいない
という贅沢。


ワンリゾート、ワンゲスト(ワングループ)ですな。


初めての経験です、
こうゆうコンセプトのリゾートホテルって!



f0368936_12591142.jpg



ヴィラはアルマーニの店舗デザインなどをしている
イタリア人建築家による設計だそうです。


アジアンテイストのミニマム、、、
えええっとバリ島のブルガリリゾートに近い感じかな~


ここだけのお話、ブルガリリゾートの超リピーターも
こちらにお泊まりにいらしてるみたいです。
f0368936_12573731.gif



f0368936_12591151.jpg



スモールラグジュアリーの醍醐味。


到着時は相当ビビりましたが、
慣れるとこれ以上の快適さは無いってくらいの
至福の日々でした。





島に多く原生するヤシの木より高い建物を
建ててはいけないというルールのあるサムイ島。


自然と共存したスタイルがサムイ島ホテルの特徴で
多くのホテルが工夫を凝らしているみたい。


こちらのヴィラでも、、、ヤシの木が!


f0368936_12591129.jpg





f0368936_12591180.gif






by chocolat2008 | 2012-04-13 19:11 | コサムイ/タイランド2012

f0368936_12591216.jpg



ひぃ~昨日記事を書き終えたところで
うっかりプレビュー画面でクリックしたからか
記事丸ごと消失
f0368936_12591246.gif
やる気なくすわー、と言うわけで書き直し、とほほ。






シンガポールからサムイ島までの道のりは
飛行機で僅か2時間、勿論直行便
f0368936_12561785.gif


日本にいる時とは比べ物にならない位
アジアンリゾートが近くて嬉しい限りです。





サムイ島はタイの東海岸、
タイランド湾に浮かぶ小さな島。


1時間ちょっとあれば
島を一周できるくらいの大きさです。


地図の赤い島がサムイ島、
因みに上にあるのは
フルムーンパーティーとやらで有名なパンガン島。


f0368936_12591281.jpg

<地図はWikipediaより拝借致しました>


もともと欧米のバックパッカー達が訪れるような
地味な島だったけれど
このところ名だたる高級ホテル&ブティックリゾートが
軒並み進出して来ていて宿泊事情もかなりゴージャス化
一応プーケットに次ぐリゾート地になっているとのこと。


ベストシーズンは3月から5月にかけての乾季、
そんなわけでただいまシーズンど真ん中♪


ほー、タイの東海岸と西海岸って
モンスーン時期が逆なんですね。


東海岸のサムイ島がベストシーズンと言う事は
西海岸のプーケットやピピ、クラビはシーズンオフ。





飛行時間は追い風の影響で
2時間どころか1時間ちょっとで到着しちゃいました。


もう機内サービスはばったばた、
機内食はちょっとつまんだくらい。


サムイ空港の様子、、、
お写真は帰りに撮ったものなのでお昼間になってますが
実際の到着は夜だったので、
闇の中何がなんだかわからない感じでした。


f0368936_12591523.jpg



いやー、しかしエコ&トロピカル仕様なのか
エアコンのエの字も無い場所で
入国審査や荷物ピックアップで待たされてる間、
蒸し暑さで不快指数がぐんぐんアップ。


やっと空港を出る頃には
マックスご機嫌斜めになってしまった私です。


でも、空港出口には
既にホテルからのお迎えの車が来ていて
車内で冷たいおしぼりや
ミネラルウォーターのサービスが有り助かりました。





夜到着なのでホテルまでの道のりも闇の中。。。


何処をどんな風に通っているのかわからないまま
ホテル到着。


f0368936_12591592.jpg



ホテルスタッフさん達の
丁寧なお迎えセレモニーを受けた後、
早々にお部屋へ。



f0368936_12591639.jpg



ホテル側で簡単なお夜食を用意して下さってたので
パパとお兄ちゃんは早速食べに行っちゃいました。


なんだか相当美味しかったらしい、
行かなかった事に激しく後悔
f0368936_12551971.gif



f0368936_12592138.jpg



さてと、明日に備えて早めに就寝です。




f0368936_12581104.gif





by chocolat2008 | 2012-04-05 14:53 | コサムイ/タイランド2012

f0368936_12584573.jpg



子供のスプリングホリデーを利用して
サムイ島まで行ってきました。


久しぶり、ほんと久しぶりの海外旅行です。


海外に住んでるのに
海外旅行っておかしな言い方だけどね。


ビーチリゾートへの旅が大好きな私ですが、
実は約2年半ほど旅を封印してきました。


と言うのも、独身時代から
私の海外旅行には色々ジンクスがありまして、、、


今回も暫く願掛けの意味で
海外旅行を我慢して来たわけです。


「いつになったら行けるの?」


と友人やら知人やら家族にまで言われる日々
f0368936_12574280.gif


願掛けの効果は?
あったと思いますよ、確実に。


そんなわけで、そろっと解禁することに致しました。





解禁第1弾として行き先はコサムイ。


f0368936_12584512.jpg



シンガポール在住となってから
すっかりはまっているアジアンリゾート。


宿泊先は贅沢にプライベートリゾートなり。



f0368936_12584541.jpg



ワンリゾート、オンリーワンゲスト初体験。


私達家族の為だけに専属シェフが付くという毎日。



f0368936_12584587.jpg



好きなものを好きな時に好きなだけ、
タイ料理を思う存分満喫~
f0368936_12573726.gif



f0368936_12584631.jpg



滞在型リゾートでしたが、
ちょっとだけ足を伸ばして街歩きも。



f0368936_12584655.jpg



コサムイはカメラ女子にはたまらない島でした。


少しずつお写真を整理しながら
のんびり滞在記を綴って行こうと思います。



f0368936_12584683.jpg




f0368936_12584637.gif





by chocolat2008 | 2012-03-31 17:43 | コサムイ/タイランド2012

フォトジェニックな日々 Happy Singapore Diary ::::::::::::::::::::::::::シンガポール在住/時々日本、時々それ以外の国 /写真と旅とお花と美味しいものを少々の日々


by CHOCOL@T
カレンダー