カテゴリ:★日帰り富士山/日本2013( 5 )


f0368936_13034505.jpg



朝から快晴だったにもかかわらず、、、
次第にお天気下り坂。


真ーーーっ白で
何にも見えませんけど!?


朝霧高原の最も「らしい」姿、
ホルスタインもパラグライダーも霧の中~



f0368936_13034598.jpg



高原地帯のお天気って
あっという間に変わるのね。


そんなわけで霧の中をバスは進み
お次の停車スポットへ。



f0368936_13034686.jpg



食べたいものだらけで困ってしまう
道ばたのお店。


こうゆう所で食べると
何でも美味しく感じてしまいます。


唯一心残りなのは
富士宮やきそばを食べ損ねた事


お持ち帰りしてでも買って食べるべきだったと
未だに思っています





さて、最終目的地はこちら。


f0368936_13034605.jpg



見えたるは富士宮市の白糸の滝。


全国に白糸の滝という名称の滝が複数あるけれど
富士山の麓の白糸の滝が最もマイナスイオンが多い
(とバスガイド嬢が言っていた気がする)


でも、なんだか遠いなあああ、
もっと近くに寄れないのかしら?


せっかくの富士山の雪解け水を
この手で確かめたいわけよ。



f0368936_13034665.jpg



しかし、残念ながら現在整備工事中のため
滝壺付近まで行けません、と。


残念です、
それでは目一杯拡大しておきましょう♪



f0368936_13034687.jpg



滝壺からは随分離れていたけれど、
空気が非常にポジティブでした。


パワースポットって本当にあるんですね!


ついでに溶岩を使ったアクセサリーを販売するお店で
しばし見学。



f0368936_13034656.jpg


以上ではとバスツアーはおしまい、
楽しかったです


日本在住時は
近郊旅行はマイカーと決めつけておりましたが
バスツアーを利用するって
なんて効率が良くて楽なの?


また利用したいと思います、
今度はどこに行こうかしら。





おまけ。


お土産と言いますか、
お買い物はこのあたりを。


f0368936_13034741.jpg



完全にウケ狙いのお菓子、
富士山の空気が詰まった缶詰。


大好きな桔梗信玄餅、
そして富士山の写真集。
(国内外問わず、私は旅先では必ず写真集を買います)


更に、帰りのSAで出会った
富士山のうんちくがプリントされた
トイレットペーパー。



f0368936_13034746.jpg



なかなか面白く出来ていて、
途中で三角折にすると
逆さ富士が出現したりする。


富士地区がトイレットペーパー生産量日本一ってのも
初めて知りました






f0368936_13004013.jpg

にほんブログ村シンガポール情報

f0368936_13004188.jpg

写真ブログフォトスタイリング

ランキング参加中♪お帰りの際にぽちっと一押し、ありがとうございます。





by chocolat2008 | 2013-08-28 00:00 | 日帰り富士山/日本2013

f0368936_13034796.jpg



樹海を少し入った所に溶岩洞窟出現。


富士山周辺には
大小様々な洞窟があると言いますが、
中でもここ富岳風穴は近くにある鳴沢氷穴と並んで
代表的なものだそうです。


真夏でも洞窟内に氷柱が見られるんですってー


ガイドのおじさまに連れられて、
一同風穴に向かって下り始めました。



f0368936_13034813.jpg



って、、、



この辺りでも充分寒いんですけど!?



冷気がハンパ無く、
さ、寒い~


皆さん、このあたりで
ごそごそ羽織るものを取り出して
防寒に努めます。



f0368936_13034906.jpg



大体200m程の一本道なんですが、
所々天井が低い所があったりして
少々歩き難かったかな。


いやはや真夏なのに
本当に風穴内には氷があるのですね。


こりゃ寒いわけだわ



f0368936_13034914.jpg



メインイベントの氷柱は
見事にライトアップされていてご覧の通り。



f0368936_13034901.jpg



恐らく涼しい時期に訪れたら
もっと大きな氷柱だった事でしょう。


その年の天候によっては
8月~12月の間、
氷柱が見られない事もあると言う事なので
私達はラッキーだったのかな?


万年涼しい風穴の奥は
かつて天然冷蔵庫として
蚕の卵保存に使われていたそうな。



f0368936_13034950.jpg



更に風穴の奥を覗くと、、、
なにやら奇妙なものが。。。



f0368936_13034947.jpg


光る苔。


珪酸華といって、
洞窟内に住む目のない微生物の餌となる物だそうです。


こんなに緑色に光る苔は珍しいんですって!





来た道を戻り地上に出ました。
ま、眩しい。


f0368936_13035014.jpg



何気に小腹がすいたので
この辺りでおやつTime


ご当地ものを2つ。


ソフトクリームのコーン味(コーンポタージュ味?)と
白コーラ。



f0368936_13035177.jpg


ガリガリ君のコンポタ味があるってことは知ってましたが
ハッキリ言って食べたいとは思わなかった、、、
でもソフトクリームはかなりイケました。


全然有りだね~美味しかったです。


白コーラはボトルデザインも良いので
お土産なぞにもよろしいかと


お次は朝霧高原へと向かいます♪






f0368936_13004013.jpg

にほんブログ村シンガポール情報

f0368936_13004188.jpg

写真ブログフォトスタイリング

ランキング参加中♪お帰りの際にぽちっと一押し、ありがとうございます。





by chocolat2008 | 2013-08-26 00:00 | 日帰り富士山/日本2013

f0368936_13035157.jpg



ランチを済ませて向かった先は、、、
楽しみにしていた


青木ヶ原樹海。


樹海散策は風穴洞窟とセットで
現地洞窟&樹海インストラクターのおじさまに
案内して頂きました。



f0368936_13035147.jpg


「今日のお客さんは優秀です!
昨日のお客さんは到着が1時間遅れました!」


と開口一番お褒めの言葉を頂き、
おじさまは上機嫌で解説を開始されました♪


樹海と言ってもビギナー向けに
きちんと遊歩道が設けられた場所でしたので
何も恐れる事無し。





それにしても、
がっつり根が張り巡らされておりますなあ。


f0368936_13035299.jpg



聞けば、青木ヶ原の木々は
溶岩石の上のわずか数センチの堆積物に根を張り
成育しているので
栄養分を吸収する為に根はどんどん広がり
露出しているということだそうだ。


土の無いまだまだ若い森、
ということになるのだと思うのだけれど
大木が存在しない細くて弱々しい木々ばかりと言う理由は
この辺にあったんだね。



f0368936_13035209.jpg


一見土に根を張ってる感じに見えるけど、
実は葉や木々の堆積物の下はぼこぼこの溶岩石で
それはまるで落とし穴、
うっかり溝にはまるとそれこそ真っ逆さまー


出て来れなくなる可能性有りという怖~いお話、
樹海の怖さは本当でした
f0368936_12580091.gif






溶岩石がよく観察できるように展示されてました。


f0368936_13035222.jpg



溶岩がゆっくり流れ出て棚状になった所もあり、
生命力を目の当たりにす。



f0368936_13035227.jpg


このお写真を見ると
土が無いことがよくわかりますな。





木々が寄り添う様に茂っているので
昼でも薄暗い樹海の中。


f0368936_13035251.jpg


特徴の無い木々がひたすら続くので
少し樹海に入り込むと360度同じ風景となり
方向感覚を失ってしまうのだそうだ。


方位磁石が効かなくなると言うお話も有名ですが、
これも溶岩石が磁気を含む故、とのこと。


薄暗いので涼しいかと思いきや、、、
蒸し暑かった





下草好きの私にはたまらない地面。


f0368936_13035262.jpg



こんなのも。



f0368936_13035314.jpg



樹海をぐんぐん進んで、
お次は溶岩洞窟に入ります。






f0368936_13004013.jpg

にほんブログ村シンガポール情報

f0368936_13004188.jpg

写真ブログフォトスタイリング

ランキング参加中♪お帰りの際にぽちっと一押し、ありがとうございます。





by chocolat2008 | 2013-08-25 00:00 | 日帰り富士山/日本2013

f0368936_13035336.jpg



ビジターセンターを後に致しまして、
そこからは富士スバルラインをまっしぐら!


爽やかーな風景を横目に眠気と格闘していた私、
早起きしすぎちゃったわね


はとバスのバスガイド嬢の歌声も高らかに~


メロディロードを通過し後はひたすら登り詰めて、、、
標高が高くなるにつれ、植物がまばらになり
必死に生きてる様子がわかりますのう。



f0368936_13035388.jpg


ここは富士山五合目、
標高2,305m、
森林限界の地...





ここでバスを降りて
各自散策タイムとなりました♪


酸素濃度が低くなっているので
決して走ったり慌てたりせぬ様
ゆったりと動いて下さい
という注意がありました。


振り返るとツアーバスが次から次へと。。。


f0368936_13035418.jpg



そうなんです、
富士山五合目は
大変なことになっておりました。


人、人、人、、、、



f0368936_13035426.jpg



バスガイド嬢曰く、
富士山五合目がこんなに混み合っているのは
初めて見た!だそうです。


世界遺産登録直後の7月1日山開きから
登山客はうなぎ登り。


私はここで山ガールと言うものを初めて見ました。


なんだなんだ、
しばらく日本を離れている間に
そんなことになっていたのね?


それにしても登山ルック可愛過ぎ!
男の子もお洒落!


俄然登りたくなって来た!
来年はきっとご来光とお鉢巡りだわ



f0368936_13035402.jpg


登山客は日本人だけでなく
外国人も多く見かけました。


五合目には登山客もいれば下山客もいるわけで、
中には介抱が必要なんじゃないかと思うくらい
辛そうな方もいらして
ミーハー気分や軽い気持ちの登山は
やはり考えものですね。。。





人が多かった故、
このお写真一枚撮るのにどれだけの待ち時間を要した事か


f0368936_13035499.jpg



富士山五合目の醍醐味は
一層間近に迫った山の頂上付近
(実際はまだまだ遠い道のりなんですがね)



f0368936_13035580.jpg



眼下の展望が雲海。



f0368936_13035597.jpg



荘厳でございます。。。


そして限りなくワゴン車率高し。



f0368936_13035638.jpg


何故?





さて、辺りを見て回るだけでなく
お土産屋さん、売店も覗いてみよう~


f0368936_13035692.jpg



すごいですね、
こんなところにもインターナショナルな波が!


ちなみにここ富士山五合目でダントツ人気は


富士山五合目メロンパンなり♪
by あまの屋



f0368936_13035665.jpg


あ~~~~、
これとても良い香りを辺り一面にまき散らしてたの。


食べたかったけど長蛇の列でタイムアップ、
断念するしか無かった





おまけ。


眠気を誘う下山ドライブ後は
ランチタイムでハイランドリゾートホテル&スパ内の
和食屋さんへ。


f0368936_13035625.jpg



お品書きには
『富美の思い出』ってありましたな。


最後に富士吉田名物の
吉田のうどんが出てきました。



f0368936_13035758.jpg


コシの強さが売りの
吉田のうどん♪


ごちそうさまでした、
お次はお楽しみ、青木ヶ原樹海へ。






f0368936_13004013.jpg

にほんブログ村シンガポール情報

f0368936_13004188.jpg

写真ブログフォトスタイリング

ランキング参加中♪お帰りの際にぽちっと一押し、ありがとうございます。





by chocolat2008 | 2013-08-23 00:00 | 日帰り富士山/日本2013

f0368936_13035759.jpg



f0368936_12574224.gif
世界遺産
 

富 士 山


一時帰国直前の6月に
ユネスコの世界文化遺産に登録された
富士山。


正式には
『富士山-信仰の対象と芸術の源泉』
ということで
周辺文化財群も構成資産として
登録されたわけですが


この夏はそんな富士山に登るぞー


(ただし車で)


と、初っ端から楽々富士山詣でを希望


この際、詳しいガイド付で
いたれりつくせりのツアーに乗っかっちゃおう~
というわけで


人生初のはとバスツアーを体験してきました♪


富士山に登るなんて
小学校時代の家族旅行以来。


楽しかった!
恐るべしはとバス!





そんなわけで東京駅に朝7時集合、
中央道に乗ってまもなく
車窓左よりどどーんと見えて来た富士山。


f0368936_13035705.jpg



久しぶりに見るからか、
世界遺産に登録されたと言う風格からか
ちょっと予期せぬ感動!


そう言えば子供連れて
富士急ハイランドにトーマスを見に来たことあったけ。



f0368936_13035741.jpg


この日は朝から快晴で、
絶好の富士山詣で日和でございました。





途中トイレ休憩も兼ねて
ビジターセンターを見学。


富士山のいろは、
富士山が世界文化遺産に登録された背景がわかる
ミュージアムがありました。


f0368936_13035739.jpg



自然遺産だけかと思いきや、
信仰や芸術にまで日本人の心に深く関わる文化遺産
と言う考え方。


世の中には知らない事がまだまだあるものだね。。。


富士山と言えば浮世絵にも度々登場しますよね。


日本の景観の象徴の様な存在。



f0368936_13035974.jpg



そして、なるほどなーと思ったのは
2階の展望台からとても美しく富士山が拝めた事。


近くまで行ってしまうと
全景が見れなくなってしまうので
手前のビューポイントでひとまず美しき姿を拝見できる
と言うナイスな計らいでございました。



f0368936_13035903.jpg



大きい。。。





学校遠足の子供たちでてんやわんやの
ビジターセンターを後に致しまして、、、


f0368936_13035937.jpg



向かうは富士スバルライン







f0368936_13004013.jpg

にほんブログ村シンガポール情報

f0368936_13004188.jpg

写真ブログフォトスタイリング

ランキング参加中♪お帰りの際にぽちっと一押し、ありがとうございます。





by chocolat2008 | 2013-08-21 00:00 | 日帰り富士山/日本2013

フォトジェニックな日々 Happy Singapore Diary ::::::::::::::::::::::::::シンガポール在住/時々日本、時々それ以外の国 /写真と旅とお花と美味しいものを少々の日々


by CHOCOL@T
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30