<   2015年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

プレ SG50 Celebrations☆:*:★


f0368936_13103197.jpg


50、50、右を見ても左を見ても振り向いても50。

ただいま絶賛お祭り気分のシンガポールでございます。

シンガポールに住み始めてウン年経ちますけど、ここまで盛り上がる様子を見るのは初めて。

いろんな意味で今、この時期にシンガポールに居られることは

非常にラッキーなことだと噛みしめております。





そんなわけでSG50。(シンガポール建国50周年)

夏休みのラストスパートは日本からのゲストをアテンドする毎日で

日々あちこちの観光スポットを回っております。

先週末はNDP(ナショナルデー・パレード)の締めくくりとして毎年恒例となっている

マリーナベイの花火リハーサルを見物してきました。

f0368936_13103186.jpg

マリーナベイの花火は我が家からも観られるのですが

せっかくゲストも来ていることだし、航空ショー+花火リハーサルを

間近で見ながらディナーしましょうかということになりまして

ワンフラトンのとあるレストランを予約致しました。

いやもう行って吃驚、マリーナベイは人人人....一体いつから場所取りしているのでしょう?

と思うくらいマリーナベイの周囲は見物客で鈴なり状態になっておりました。





NDP2015の本番は8月9日。

絶対に失敗できない国家的セレモニーなわけで、何度もなんども入念に予行演習が行われ

おかげで見物客は本番さながらの様子が観れるのよね。

お友達からリハーサルのタイムテーブル情報をもらいマリーナベイで待機しました!

虹まで出ちゃったりしてシンガポールの空も目一杯の歓迎モード。

来たーーーーーーーーっっ。

f0368936_13103134.jpg

シンガポール空軍ご自慢の戦闘機からジェット機、ヘリ戦隊を駆使した航空ショー。

毎土曜日ワンコの散歩の時間になると上空を轟かせ通過していた戦闘機は

マリーナでこんなことやっていたのね~

沿岸では本気で大砲発射、もちろん空砲ですが迫力は凄まじきものです。

この航空ショー、サンズのインフィニティプールから見ると近すぎて怖いらしいです。

プールの水面がざわざわ波打つそうですよ。

個人的に思うのは、パイロットはこれだけの観客の前で自分の腕前を披露できるって

相当気持ち良いだろうなと、御親族もきっと鼻高々でしょうね。





土曜日は最高のお天気でマリーナベイサンズに夕陽のオレンジが映り込み

とてもとても綺麗でした。

f0368936_13103142.jpg

私がシンガポールに来た時はこのサンズはもちろん何も無かったマリーナベイ。

観覧車もオープン前だったしマーライオン以外はただの埋め立て地だったような。。。

文字通りの急成長だったなあ。





日が暮れてから始まった花火。

日本ではまず無理であろうと思われるほど間近で打ち上げられます。

f0368936_13103163.jpg

マリーナベイ周辺の建造物がシンガポールカラーと国旗モチーフで彩られ

全力でSG50をお祝いしている様子が見て取ることができます。

もう一回ぐらい観に行っても良いかな、と思うくらい楽しいショーでした!






f0368936_13070934.jpg

にほんブログ村シンガポール情報

f0368936_13070973.jpg

写真ブログフォトスタイリング

ランキング参加中♪お帰りの際にぽちっと一押し、ありがとうございます。





by chocolat2008 | 2015-07-28 00:00 | Singapore☆歳時記

f0368936_13103204.jpg



先日訪れた旅先で珍しく星空を撮ってみました。


星空撮影って難しそうと
今まで自分には全く関係ないジャンルと
思っておりましたが


とある記事を読みまして
「これなら私にも撮れるかも!」
と一念発起チャレンジしてみました。



こちらです↓

★実はそんなに難しくない、
美しい星空を簡単に撮る方法!★



ふむふむなるほど、三脚にマスキングテープ、
ペンライトetc.etc...


かくして旅先で撮りました
星空いっぱいのミルキーウェイ。


南半球なので南十字星が上空に、
暗黒星雲もくっきり、
ケンタウルス座の全形も。


撮ったRAW画像をPC画面いっぱいに広げると
更に細かく見れて面白い。


よーく見ると流れ星が少なくとも2箇所写ってます。


南半球真冬の星空はそれはそれは綺麗でした。


地平線から地平線まで空を横断した天の川を見て
地球は銀河の真っ只中に確かに存在しているんだなと
実感いたしました。


星空お写真は後日旅記事の中でたっぷりご紹介しますね。
(いつになるかわかりませんが)





ところで、今回星空鑑賞&撮影にあたり
非常に役立ったアプリがありまして


その名も『星座表 ∞』


f0368936_13103227.jpg



お目当ての方向の空にiPhoneをかざすだけで
星空をパーフェクトに図解してくれるの。


お写真は英語表示になってますが
日本語表示も勿論OK。


iPadだと更に広範囲を一度に確認できるので
見やすいです。


個人的にいいなと思うのは夜間モードで、
余計な光で星空観察の邪魔にならないよう
星座表の配色が赤×黒に変わるところ。


とにかくとても役に立つのでオススメです!!


日本はいよいよ夏休み本番ですね。
(こちらはもう間もなく夏休み終了です)


旅先、アウトドアで
星空をめいっぱい堪能して下さいませ






f0368936_13070934.jpg

にほんブログ村シンガポール情報

f0368936_13070973.jpg

写真ブログフォトスタイリング

ランキング参加中♪お帰りの際にぽちっと一押し、ありがとうございます。





by chocolat2008 | 2015-07-24 00:00 | 写真☆カメラ

f0368936_13103214.jpg



ツアー後半戦でいよいよ南島に上陸!


南島は父島から約1キロほど離れた沖合にある
小さな小さな島で
『小笠原南島の沈水カルスト地形』の名称で
国の天然記念物に指定されている場所です。


単独で上陸することはできず、
必ず東京都指定のガイドさんが同行するツアーに
参加しないと訪れることができません。


尚且つ1日の入島人数が100人まで、
1回あたり15人制限と言いますから
事前予約マスト。


海の状況によっては
上陸不可になることもあるそうなので
もしもそうなった場合父島滞在中にリベンジできるよう
我が家は初日に南島ツアーを入れました。
(何が何でも南島に上陸したかったのよ)





南島が近づいて来たところで
まずは今まで乗っていた船から
小さなボートに乗り換えて


f0368936_13103268.jpg



南島の反対側に翌日トレッキングで訪れる予定の
千尋岩(通称ハートロック)が見えました。


赤い岩肌が本当にハート形に見える~


じわりじわりと南島に接近、
意外と揺れる小型ボート。



f0368936_13103212.jpg



南島は鮫池と呼ばれる細い入り江から
上陸するわけですが
なるほどこれじゃあ海が荒れてたら
絶対無理だわと思うほど狭かったです。



f0368936_13103313.jpg



揺れる船首からゴツゴツとした岩肌に順番に上陸。


この入り江、
ネムリブカという鮫が住み着いていることから
鮫池と言われるそうです。


よーーーく見たら一番浅瀬のところの海底、
岩陰にいました!(お昼間だから就寝中)



f0368936_13103399.jpg



全員上陸完了後、
私達を乗せたボートは一旦入り江の外に出て待機。


島を形成しているラピエと呼ばれる石灰岩が
猛烈にワイルドで
上陸の際、足場が悪いのなんのって。


うっかりつまずきでもして転んだ日には流血確実。


雨風だけでここまで風化するものなのね、
まるで強力な酸性雨にでも降られたかのような様相。



f0368936_13103367.jpg



南島内で人間が歩ける自然観察路には制限があり、
ガイドさんの指示に従います。


路を外れたらNG、草木に触れたらNG、
ゴミを落としたり何かを持ち帰るなんて超NGなわけで。


極端なお話、人間が上陸して歩くという行為だけで
自然破壊になってしまうのだから
人とはなんと罪深き生物なんでしょう。。。


常々思っていたことだけれど
地球上で最も害のある生物は
間違いなく我ら人間だわね。


ごめんなさい。


低木が広がる経路脇には
こんな可愛らしいお花が咲いていました。



f0368936_13103360.jpg



固有植物しか存在しないと思っていたけれど、
これは多分ハマゴウってお花で
本州でも見かける海辺の植物。


どうやってここまで種子がたどり着いたのか謎、
やっぱり遥々海上を流れて来たのでしょうか?


さてと、小さな丘を越えると見えてきたのは南島の扇池。


南島の顔とも言える扇池は絶景!
ひょーーーー



f0368936_13103358.jpg



まあ、思いっきり逆光だったわけですが
強烈な逆光のためみなさん記念写真撮るのに
苦労されてました。


扇池は午前中の方が美しいのかもしれないなあ。



f0368936_13103320.jpg



今回のツアーでは南島の一番高い丘の上に登って
360度眺めることはできませんでした。


理由は忘れてしまいましたが
南島に上陸できただけでも良かったです。



f0368936_13103365.jpg



砂浜には1000年前に絶滅した
ヒロベソカタマイマイの半化石がびっしり。


1000年もここに存在していることに驚き。


美しすぎる。



f0368936_13103338.jpg


f0368936_13103404.jpg



砂浜にやけにウミガメの這った筋が
残っているなと思ったら
南島はまさにアオウミガメの繁殖地で
絶賛産卵期間中でございました。


海洋センターの方が時々いらしては
産卵した場所に目印を残し保護されているそうです。
(6~7月が産卵期で8~9月頃に孵化)



f0368936_13103411.jpg



目印発見、
盛られた砂の上に小枝が三本、可愛い


南島は植生回復事業で
1年のうち3ヶ月間は入島できない期間があるので
要注意です。



f0368936_13103565.jpg


小笠原のガイド本を見るたびに
訪れたいと思っていた南島に
念願叶って上陸でき感無量!





おまけ。


南島はアオウミガメだけでなく
カツオドリの繁殖地でもありました。


f0368936_13103599.jpg



遠くにほら、小さいけど見えましたよ~





期間限定で参加してます。

f0368936_13102166.gif

にほんブログ村






f0368936_13070934.jpg

にほんブログ村シンガポール情報

f0368936_13070973.jpg

写真ブログフォトスタイリング

ランキング参加中♪お帰りの際にぽちっと一押し、ありがとうございます。





by chocolat2008 | 2015-07-22 00:00 | ★小笠原諸島父島/日本2014

f0368936_13103530.jpg



ドルフィンスイムのお次は
父島の北側にある兄島海域公園へ。


いわゆる魚影の濃い絶好のシュノーケリングポイント。


この辺りは別名キャベツビーチと
言われているそうですが理由はわからず。


こうやって上から見ると
キャベツがいっぱい沈んでいるように見えないでもない。


だからキャベツビーチと言うの?



f0368936_13103571.jpg



もはや海水とは思えないほどの透明度。


まるでふるふるゼリーみたい。


さて行きますよ~


ドボンっ



f0368936_13103544.jpg


f0368936_13103581.jpg



海底を覗いてみる。



f0368936_13103540.jpg


f0368936_13103691.jpg


f0368936_13103660.jpg


f0368936_13103684.jpg



シュノーケリングでこのレベルなんですもの
きっとダイビングスポットは
とんでもなく美しいのでしょうね。



むがっ



f0368936_13103657.jpg



ち、近い、
近すぎますってあなた達。



f0368936_13103640.jpg



目が合ってしまった。



f0368936_13103679.jpg



目の前でお魚に尻を向けられる初めての体験



f0368936_13103669.jpg



それにしても綺麗な海だったなあ、
まるで水族館の水槽の中で泳いでいるみたいでした。


一見穏やかなシュノーケリング風景でございますが
ここは父島と兄島の瀬戸で
意外と流れが速いところがあるそうなので
ガイドさんの指示に必ず従ったほうが良いです。


むかーしむかし、私、とある海で
シュノーケリング中にあっという間に流され
自力で戻れなくなりガイドさんに助けに来てもらった
経験あり。。。とほほ


シュノーケリングのお次はいよいよ南島に上陸です!!





おまけ。


水中カメラはCanonのPowerShotと
専用ハウジングの組み合わせ。


f0368936_13103718.jpg


S95、古い型だけど
PowerShotは使い勝手が良く
手放せないカメラの一つです





期間限定で参加してます。

f0368936_13102166.gif

にほんブログ村






f0368936_13070934.jpg

にほんブログ村シンガポール情報

f0368936_13070973.jpg

写真ブログフォトスタイリング

ランキング参加中♪お帰りの際にぽちっと一押し、ありがとうございます。





by chocolat2008 | 2015-07-18 00:00 | ★小笠原諸島父島/日本2014

f0368936_13103779.jpg



このお写真の青もレタッチゼロです、
海面でもこのお色。


小笠原のボニンブルーの海って
なんて美しくて神秘的なんでしょう。。。


一般的に南国の綺麗な海の色というと
アクアブルーやエメラルドグリーンあたりの
緑を含んだ淡い色合いが定番な気がいたします。


でもボニンブルーは全く違う青色で
目の覚めるようなコバルトブルーなんです。


海水中のリンと窒素の含有率が低いため
このような色になるとのこと。


光の具合でこんな色↓に見えることもありました。



f0368936_13103736.jpg


海面にブロッケン現象状態な私。


ちなみにボニンの語源は
小笠原群島の英名でもあるBonin Islandsから。


かつて無人島だったことからムニン、ブニン、ボニンと
変化しながら定着したそうです。





そんなわけで到着日早々、
午後からの海アクティビティに参加してきました。


今回お世話になったのはPAPAYAマリンスポーツさん


ツアーはシンガポールから事前に予約済み。


指定場所に集合後、
各自レンタルするシュノーケルグッズのサイズを確認、
それから港に向かい他の観光客の皆さんと一緒に
ワイワイ船に乗り込みました。


ツアー後半で南島に寄る予定なので
乗船前に靴底を丁寧に洗浄、
外来種の侵入を防ぐためです。


二見港に停泊中のおがさわら丸を眺めながら再び海へ。


f0368936_13103701.jpg


f0368936_13103749.jpg



ツアーの前半はドルフィンスイム、
周辺に生息する野生のイルカと戯れるという内容。


船で移動しながらイルカの群れを探します。


あっという間に群れに遭遇!



f0368936_13103808.jpg



探すとか追うとかいうよりも、
もうイルカの方から寄ってくる!


目の前でジャンプはするわ、
くるくるとトルネード回転するわで
サービス精神旺盛過ぎます~


しばし船上からイルカウォッチングを楽しんだのち、
ガイドさんの合図でいよいよ入水。



f0368936_13103836.jpg


f0368936_13103897.jpg



海面に見えない時は海底にイルカたちはいるわけで
自分のすぐ真下をすり抜けるように泳いでいく姿に
なんだかうるっとしました。


素潜りできる人は海中で更に間近で
イルカと対面できたかと思います。



f0368936_13103820.jpg


小笠原では行政が定めた自然保護法令以外に
独自の自主ルールがあるそうで
私が今回経験したドルフィンスイムも
そういった生息環境保全ルールに則って
行われていました。


具体的に言うとこういった内容↓


一つの群れにアプローチできる船は4隻まで
2隻以上の船が一つの群れにバッティングした場合、
入水は一隻につき5回以下


野生のイルカの生態に配慮した
なんとも温かい決め事だなと。


よく見ていると各船合図を送りながら
順番でツアーが進められていました。


小笠原のイルカたちは地元の人々に守られ幸せですね





期間限定で参加してます。

f0368936_13102166.gif

にほんブログ村






f0368936_13070934.jpg

にほんブログ村シンガポール情報

f0368936_13070973.jpg

写真ブログフォトスタイリング

ランキング参加中♪お帰りの際にぽちっと一押し、ありがとうございます。





by chocolat2008 | 2015-07-17 00:00 | ★小笠原諸島父島/日本2014

f0368936_13103848.jpg



父島上陸!


午後からとあるツアーに参加するため
二見港にいらしてた宿泊先の方に荷物を一式託しまして
先にお宿の方へ運んでもらいました。


身軽になったところで港周辺の大村エリアを散策~


なんだかもうたまりませんね、
このこじんまりとした港町。


おおこれが噂の『ぎょさん』!!
(漁業従事者用サンダル)


カラフルで可愛いなーと軽くテンション上がる。



f0368936_13103875.jpg



父島の玄関口、二見港の大村エリアは
極々狭いエリアながら道路など綺麗に整備されていて
かつ所々に南国風情の小さなお店があったりして
プチ散策が楽しい場所。


ランチは何にしようか悩みに悩んで
サメバーガーに決定。



f0368936_13103942.jpg


ガイド本を読んで
一度は食べてみたいと思っていた一品が
父島第1食目となりました。


お店の名前はその名もハートロック・カフェ。


語呂もロゴもなんだかアレのような


食べてみた感想、鶏肉ササミのようで
思っていたよりもずっと食べやすく美味しかったです。


それにしてもお店のメニューを見ると
亀ジャーキーにサメの軟骨、亀カレーと
珍味ばかりですな。





腹ごしらえ完了後は大村海岸へ。


f0368936_13103902.jpg



もうこのなんと言いますか
まるでバスクリンのような色のビーチを見た瞬間
思わず綺麗ーーーーーーって叫んじゃいましたね。


日本の海というよりも
タイやマレーシアの離島ビーチのよう。


砂浜には珊瑚の欠片がざっくざく。



f0368936_13103983.jpg



地元の人曰く、この海岸の海底には
珊瑚の砂が数メートル堆積しているそうです。


サラサラの珊瑚の砂ゆえ、
掘っても掘っても固い地盤が出てこず
海上に何かを建設するのはかなり難しいらしい。


砂浜越しに二見港に
停泊中のおがさわら丸が見えました。



f0368936_13103985.jpg


さっきまでまだ船に揺られているような感覚が
残っていたのでありますが
海を眺めながらぼーっとしているうちに解消。


大村海岸、本当に綺麗でした。





期間限定で参加してます。

f0368936_13102166.gif

にほんブログ村






f0368936_13070934.jpg

にほんブログ村シンガポール情報

f0368936_13070973.jpg

写真ブログフォトスタイリング

ランキング参加中♪お帰りの際にぽちっと一押し、ありがとうございます。





by chocolat2008 | 2015-07-15 00:00 | ★小笠原諸島父島/日本2014

TWG Tea * SG50記念ティー


f0368936_13103953.jpg


TWGのショップの前を通りかかった時、ふと目に止まった赤い箱。

よ~く見たらSG50(シンガポール建国50周年)記念ティーのセットでした。

パッケージに何やら肖像画。。。

「これってリークアンユー?」(少し前にお亡くなりになられたシンガポール建国の父)

と思わずショップのお姉さんに聞いてしまった私。

間違いなくそのお人であったわけですけれど、あまり似ていないと言えば似ていない。


f0368936_13103963.jpg


只今シンガポールでは来月のSG50に向けてあらゆるジャンルで記念セールや記念商品、

記念プロモーションが繰り広げられております。

しかし私的になかなかこれと言って購入意欲が湧くものがありませんでした。

でもこのTWGのセットはよくできている!そそられる!

パッケージも凝っていて素敵だし、記念にブレンドされた2種類の茶葉も

拘りが感じられるお品になってます。

ライチフレーバーの中国烏龍茶は優れた指導者リー氏への賛辞。

バニラやスパイスがブレンドされたレッドルイボスは50歳になったシンガポールをイメージ。


f0368936_13103918.jpg

お値段S$60ってのも高すぎず安すぎずのジャストな価格だと思います。

限定商品なのかどうか伺ってくるのを忘れてしまいましたが

今お使い物にするならこれが一番かな~






f0368936_13070934.jpg

にほんブログ村シンガポール情報

f0368936_13070973.jpg

写真ブログフォトスタイリング

ランキング参加中♪お帰りの際にぽちっと一押し、ありがとうございます。





by chocolat2008 | 2015-07-14 00:00 | Singapore☆Tea Time

散るも美し芍薬



f0368936_13103955.jpg



すっかりすっかりUPし忘れていた芍薬の花。


好きなお花の一つです。


シーズンはとっくのとうに終わってしまったけれど
ふわふわの芍薬は散ってもなお美しかった。。。





日本はそろそろ本格的に夏に入るのかな?


私の印象では7、8月は
シンガポールの方がむしろ涼しかったりします。


日本の皆様、
くれぐれも熱中症にご注意くださいね。






f0368936_13070934.jpg

にほんブログ村シンガポール情報

f0368936_13070973.jpg

写真ブログフォトスタイリング

ランキング参加中♪お帰りの際にぽちっと一押し、ありがとうございます。





by chocolat2008 | 2015-07-13 00:00 | FLOWER*

f0368936_13104001.jpg


先日所用でシンガポール国立大学(National University of Singapore)の

キャンパスまで行って参りました。

シンガポール在住となってからここを訪れるのは多分3回目くらい。

キャンパスは都心から離れた緑多き丘陵地帯にありまして

構内には専用バスが循環しているというなかなか恵まれた環境にあります。

ホーカーセンターのようなフードコートがありまして、もちろん部外者利用もOK。




所用を済ませて向かった先はセントラルライブラリーの1階にあるNUSコープ。

f0368936_13104083.jpg


在星◯年目にして遂にお土産ネタがつきました。

もう何を買って行っても「また?」と言われそうな状況。。。

これはですね、結構切実な悩み。

色々考えあぐねた結果、ただいま甥っ子ちゃん姪っ子ちゃんに

大学受験を控えている子がぞろぞろいるので

今回のシンガポール土産はこの際文房具にしてしまおうかと閃いた!

ずららっと揃えましたNUSグッズ。(決してNUS志望というわけではないのよ)


f0368936_13104092.jpg


鉛筆セットにボールペン、ブックマークに、コースター、コーヒーカップ、キャンディetc...

中でもお勧めはストレスボールですかね。

付箋セットもお手頃価格でお勧めです






f0368936_13070934.jpg

にほんブログ村シンガポール情報

f0368936_13070973.jpg

写真ブログフォトスタイリング

ランキング参加中♪お帰りの際にぽちっと一押し、ありがとうございます。





by chocolat2008 | 2015-07-07 00:00 | Singapore Diary

Tea Session@Tea Bone Zen Mind


f0368936_13104048.jpg


少し前に訪れたシンガポールのお茶どころ
Tea Bone Zen Mind。


お茶屋さんなんですが
サンプルティーセッションを予約すると
カフェのように利用することもできます。


定期的にメニューが変わるお茶サンプルと
お茶請けのペアリング。
お菓子のサーヴの仕方や茶器に拘りがあり、
目にも舌にも楽しめるコースになってます。


この日は送別会で訪れました。


参加メンバーが全員カメラ女子で
尚且つ私=CHOCOL@Tと身バレしている
数少ない奥様方だったので
皆であーでもないこーでもないと
心置きなくお写真を撮りまくるという会となりました。


しかしせっかく普段あまり使わない
カメラとレンズを持参して
撮りまくったというのに
お写真が行方不明になってしまいました。
(間違って消しちゃったのかも)


なのでかろうじて残っていたiPhone画像でUPです。





Tea Bone Zen Mindさん、
最近オーチャードエリアのエメラルドヒルに
お引越しされていたのですね!?


とても素敵なショップハウスに
新店舗を構えておられました。
しかし、入り口がわかりにくい。


f0368936_13104131.jpg


お店のサインすら無いような、
頼みの綱はインターホンのみという。


ちなみに以前の店舗のショップハウス入り口には
サインがありました。↓
確か前のお店に行った時も送別会だったな~


f0368936_13104166.jpg

更にその前は
ラッフルズホテルの近くにあったと聞いています。





エメラルドヒルのショップハウスだなんて素敵すぎる。
オーチャードからすっと横道に入っただけで
それはそれは美しいプラナカン様式の
ショップハウスが立ち並ぶ
閑静な住宅エリアになっているのですよ。


観光でいらした方にも
是非とも散策をお勧めしたい場所です!


f0368936_13104136.jpg


私は時々犬の散歩がてら通るのですが
犬を連れているとエメラルドヒルの住人と
思われてしまうのか、今まで2回ほど


「あなたはエメラルドヒルの住人ですか?
お家の中を見せてもらいたい!」


と声をかけられたことがあります。
いや、私の方が見せてもらいたいくらいなんですけどね


オーチャードロード側は比較的古い様式の
トラディショナルショップハウスになってますが
奥に進めば進むほどオーナーの好みで
リノベーションが施されていてモダンです。


日本人から見ると
そこはかとなく昭和の香りがするテイストで
とてもノスタルジックな気分に浸れます。





TEA BONE ZEN MIND
teabone.com.sg






f0368936_13070934.jpg

にほんブログ村シンガポール情報

f0368936_13070973.jpg

写真ブログフォトスタイリング

ランキング参加中♪お帰りの際にぽちっと一押し、ありがとうございます。





by chocolat2008 | 2015-07-02 00:00 | Singapore☆Tea Time

フォトジェニックな日々 Happy Singapore Diary ::::::::::::::::::::::::::シンガポール在住/時々日本、時々それ以外の国 /写真と旅とお花と美味しいものを少々の日々


by CHOCOL@T
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31