<   2015年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

Imagine Dragons in Singapore


f0368936_13104142.jpg


またまたど平日の夜、、、昨晩はイマジン・ドラゴンズのライブでした。

バンド名はちょい微妙だけれど(何か意味が込められているらしいです)

子供のお気に入りバンドなので引率がてら観に行ってきたわけですが

はまりました

最近のヒットナンバーを5、6曲知っているだけだったのにね。





きっと若い子たちばかりだろうと思いきや!いやいやなんの明らかに私よりお年を召した

おじさまおばさま(西洋人)がノリノリで楽しんでる様子、本当意外でした。

年齢関係なく心に響く曲が多いのかな~と。

Coldplayを時々ハードにした感じ。。。

私的に一番良かったのはこの曲。




最後の方の

Your eyes, they shine so bright
I want to save their light
I can't escape this now
Unless you show me how

ってところ、お手本のようにライムが重なって美しや。(この曲ほぼ9割近く韻を踏んでる)

「show me how」ってところが特に好き。

MCも良かったし、またシンガポールにきて欲しい!






f0368936_13070934.jpg

にほんブログ村シンガポール情報

f0368936_13070973.jpg

写真ブログフォトスタイリング

ランキング参加中♪お帰りの際にぽちっと一押し、ありがとうございます。





by chocolat2008 | 2015-08-27 00:00 | Singapore☆エンタメ

f0368936_13104112.jpg



日本はそろそろ夏休み終了?
皆さん宿題は終わりましたか~


私は宿題はいつも最後の1週間で
嵐のように終わらせるタイプでした。


それまで目一杯遊んじゃうほう(笑)


今年も夏が終わっちゃいますね、
しみじみ。





父島四日目の夜はナイトツアーに出かけました。


どちらのツアーに参加したのか忘れてしまいましたが
案内してくれたのは若者2人。


そう言えば父島に来て意外だったのは
離島なのに若者が多く
過疎とは全く縁のない様子だったこと。


小笠原出身者以外に本州から父島に来て
観光関係のお仕事されてる若者もいました。


一度小笠原の風景を見てしまうと
住みたくなるのでしょうね、
わかりますその気持ち。





というわけでお宿にお迎えに来ていただき
向かったのはコペペ海岸。


ちょうどこの日、
海洋センターの子ガメが放流されるという事で
運良くその場面に参加する事ができました。


これから海に放流される子ガメたち。


f0368936_13104217.jpg



がさごそがさごそごさがさごさ。。。。


まあよく動きます、元気です。


実際に手に取ってみると、
子ガメなのに物凄く力強くて驚きました。



f0368936_13104286.jpg



しかも小さいのに
すでにおじさん顔。



f0368936_13104216.jpg


これからうん十年、
天敵に負けず頑張って生きるのだよ。





子ガメたちとご対面後砂浜に向かいました。


辺りは月明かりのみ、真っ暗。


f0368936_13104268.jpg



お昼間のコペペ海岸の様子を載せておきます。


非常に綺麗です!



f0368936_13104250.jpg


(お写真は観光サイトからお借りしました)


コペペ海岸は日本の星空名所としても有名なんですって。





子ガメは夜間真っ暗闇の中、
月明かりの方向に向かって動きだす、
これが自然な形。


なるほど砂浜に放つと
一斉に月の方向=海の方向に向かって行きました。


子ガメが自力で水辺にたどり着くまで
見学者は動かず砂浜上の物と化しじっと見守ります。


真っ直ぐ向かう子ガメもいれば、
人間の足元にぶつかりぶつかり歩む子ガメ、
なぜか斜めに進路を取り遠回りをする子ガメもいたり、
それはまるで人生のごとく。


子ガメの放流、想像以上に感動します!
おすすめ!





コペペ海岸を後にいたしまして
次に向かったのは山のほう。


何を見に行ったかと言いますと。


これです、グリーンペペ。


f0368936_13104225.jpg


正式名夜光茸と言って
夜になるとネオングリーンに発色するキノコ。


左が明るい光の中での白いグリーンペペ、
右が暗闇の中で緑色に光り輝く様子。


上面はゼラチン状の膜で覆われているというから
触るとベタベタするのでしょうね。


特に雨後によく光り、、
虫を引き寄せ胞子を運ばせているそうです。





更に場所を移動いたしまして観察したのは
小笠原唯一の固有哺乳類である
オガサワラオオコウモリ。
(天然記念物、絶滅危惧種)


f0368936_13104274.jpg


フラッシュは勿論使用不可なので
真っ暗お写真。。。


夜行性で花の蜜やフルーツを好んで食べるのことから
フルーツバットとも呼ばれるそうな。





以上で小笠原諸島父島滞在中のアクティビティは終了。


海に山に昼に夜に目一杯堪能しました!


そしてそして父島のお宿と美味しいお話は次記事で





期間限定で参加してます。

f0368936_13102166.gif

にほんブログ村






f0368936_13070934.jpg

にほんブログ村シンガポール情報

f0368936_13070973.jpg

写真ブログフォトスタイリング

ランキング参加中♪お帰りの際にぽちっと一押し、ありがとうございます。





by chocolat2008 | 2015-08-22 00:00 | 小笠原諸島父島/日本2014

f0368936_13104336.jpg



父島滞在四日目。


今日は朝から船をチャーターし
小笠原の大海原へ、釣り三昧の1日です!


小笠原諸島の海では
カンパチ、磯マグロ、キハダマグロ、ロウニンアジ、
石垣鯛、アカハタ、アオリイカなどなど、
釣り好きな人にとってはまさに釣り天国だそうな。
(by 小笠原チャンネル


私は釣ることよりも食べることの方が目的、
美味しいお魚釣れると良いなの一心で参加乗船





そんなわけで今回フィッシングトリップをお願いしたのはLittle Georgeさん。


隅々まで手入れが行き届いた綺麗な船で準備万端


午前8時、再び二見港を出港なり。


f0368936_13104377.jpg


小笠原の海はトローリングNG、
釣り竿や餌など必要なものは
全てご用意していただきました。


ちなみに船名のジョージとは船長さんのお名前で、
氏の御祖父は英国人なんだそうです。


故にジョージ氏は戦後、
米国による軍政下時代に英語教育を受けられています。


そんな父島を知り尽くしているジョージ氏から
リアル父島今昔物語を伺えた事は
今回の旅の中でも特に貴重な経験の一つとなりました。





そんな釣り三昧スタート間もなく、
いきなり息子が記録更新!


どどーーんとバラハタっ


f0368936_13104397.jpg



来ましたね~


毒素を持っているかもしれないバラハタなので
食用は泣く泣く断念しましたが、
しかし大きかった!


それに早い時間から大物が釣れると
皆ご機嫌だこと。


その後も次から次へとお魚が釣れる釣れる。


ならばと途中から私も参戦。


お写真中私が持っているアカバ(アカハタ)は
小笠原の根魚で
アカバ汁というお味噌汁にしていただきます。


美味しいだけじゃなく
カルシウムが豊富で栄養満点なんですって。



f0368936_13104301.jpg



釣れに釣れ大漁で帰港。


今まで旅先で釣ったお魚は
(可能なら)宿泊先に持ち込み
厨房でお料理してもらっていたのですが、
父島では釣ったお魚を宅急便で直送してくれる!


これはもう最高のお土産だわと
早速両実家にどどーんと送りました。


私達と一緒に後日実家に届いたお魚は
馴染みのお寿司屋さんへ直行。


お味噌汁用、お刺身、揚げ物用と
全部さばいてもらいました。


それにしても美味しかったな~


船長さんを迎えに来ていた奥様おススメの調理方法は
アオチビキのタルタルソース。


揚げたてをたっぷりのタルタルソースで頂く、、、
最高でした、また食べたい





期間限定で参加してます。

f0368936_13102166.gif

にほんブログ村






f0368936_13070934.jpg

にほんブログ村シンガポール情報

f0368936_13070973.jpg

写真ブログフォトスタイリング

ランキング参加中♪お帰りの際にぽちっと一押し、ありがとうございます。





by chocolat2008 | 2015-08-19 00:00 | 小笠原諸島父島/日本2014

f0368936_13104394.jpg
 


小笠原諸島父島のもう一つの姿。


父島は太平洋戦争時、旧日本軍の要塞でした。


トーチカや砲台、旧日本軍要塞司令部の文字
通信所跡などが
小笠原の自然の中にそのまま残されています。


一部外壁には空から銃撃された跡も
生々しく残っているといいます。


父島内移動中、境浦で見かけた船、
これも戦中に魚雷を受けて座礁した船だそうです。
(お写真は観光サイトからお借りしたものです)



f0368936_13104348.jpg


戦後70年経った今でも
こうやって残っているものなんですね。


おそらくこのまま朽ち果て、
いずれ姿は見えなくなってしまうのでしょう。


戦中、島民は本土へ強制疎開されているので
民間人の犠牲者は無く、地上戦は無かったとは言え
父島は幾度となく空爆に襲われ
命を落とした兵士も多数おられるとのこと。


そして200キロ離れた前線硫黄島での激戦は
誰もが知るところ。





今回トレッキングで訪れた千尋岩までの道は
旧日本軍が戦中に作った軍道だそうです。


f0368936_13104349.jpg



道中、小笠原の自然に埋もれたままの戦跡に
幾つも遭遇いたしました。


戦跡の専門ツアーで訪れる
夜明山に比べたら少ない量ですが
それでも実際に手つかずの戦争の残骸たちを
目の前にすると流石に体が強張りました。


どうしていいのかわからない、
何故か沈黙が流れるという。。。


順を追ってお写真を載せていきます。





防空壕。


f0368936_13104305.jpg





タコノキの根元の空間は兵士らの仮寝場所に利用。


f0368936_13104401.jpg





軍用トラックの通り道のために切り開いた山道。


f0368936_13104422.jpg




通信線を張り巡らすための電柱。


f0368936_13104414.jpg




クランクシャフト。


f0368936_13104428.jpg




レーダー。


f0368936_13104479.jpg




『ニッサン』の文字。


f0368936_13104452.jpg




コンクリートの小さな通信塔。


f0368936_13104553.jpg



入り口付近に日本酒の瓶が手向けられていました。


内側から小さな覗き窓を見る。



f0368936_13104586.jpg




軍用車の残骸、
中央に『ニッサン』の文字、
割れた窓ガラス。


f0368936_13104503.jpg


f0368936_13104599.jpg




最後に見かけた残骸。


f0368936_13104562.jpg




***



私の祖父の弟は太平洋戦争中、
史上最悪の戦場と言われる東南アジアの地で
戦死しています。


寡黙な祖父は多くを語らない人でしたが、
帰らなかった兄弟の写真を見ているときの
悲しそうな横顔は言葉以上のものを物語っていました。


父は子供の頃、ジープに乗ってやってきた進駐軍から
チョコレートを貰った記憶があると話してくれました。


今更ながらもっともっと家族から
戦中戦後のお話を聞いておくべきだったなと。


平和な毎日に感謝しつつ、
過去に学び真摯に受け止め
同じ過ちは二度と繰り返さない。


そんなことを考えながら迎える明日、戦後70年。


日本だけでなく、
世界中全ての国が平和になりますように、
願うばかりです。





期間限定で参加してます。

f0368936_13102166.gif

にほんブログ村






f0368936_13070934.jpg

にほんブログ村シンガポール情報

f0368936_13070973.jpg

写真ブログフォトスタイリング

ランキング参加中♪お帰りの際にぽちっと一押し、ありがとうございます。





by chocolat2008 | 2015-08-14 00:00 | 小笠原諸島父島/日本2014

f0368936_13104528.jpg


空にハートが二つ、見えますか?

金曜日から3日間、マリーナサウスエリアでシンガポール空軍による航空ショーがありました。

「青空来い!」と願うも結局連日あいにくの曇り空。(お写真加工で無理やり青空にしています)

でも間近で見るショーは迫力満点でとても楽しめました。





航空ショーが見られるマリーナ沿岸は凄い人。

マリーナバラージに橋にF1サーキットの川沿いまで見物客でいっぱいでした。

f0368936_13104677.jpg


我が家は土曜日、ちょっと遠目になってしまうけれどサンズの屋上から観ましたよ。

航空ショーはシンガポール建国50周年のスペシャル4連休の間に行われたイベントの一つ。

空軍所有の最強戦闘機チームはその名もBlack Knights、機体はシンガポールカラーのだけどね。

正午きっかり、来ましたーーーーーーーーっ


f0368936_13104690.jpg


爆音を轟かせてどこまで昇っちゃうの?と思うくらい空高く行ったところで急降下。

オープニングカーテン、ど迫力。


f0368936_13104632.jpg


これはもう、はっきり言ってテンション上がります。

シンガポール版トップガンのリアルな動画は↓でたっぷりご堪能下さいませ。

The Republic of Singapore Air ForceのFacebookページ


f0368936_13104673.jpg


ついでにこっちも↓このお写真を撮ったフォトジャーナリストのG体験談が壮絶すぎる。

f0368936_13104635.jpg


25分間のショーの中で幾つかのフォーメーションがありまして

事前にこんな情報がネットで回ってきました。


f0368936_13104639.jpg


一番楽しみにしていたのはダブルハート

雲一つない青空に巨大なハート二つを待ち望んでいたけれど残念ながらお空は曇り空。

でもハートの形は確かに見えました~

海上に浮かぶ船の頭上を掠め飛ぶBlack Knights、ぐるぐるまあよく回りますわ。


f0368936_13104625.jpg


シンガポールの戦闘機って普段は国内外に分散して配置されているそうです。

国内に空軍空港が一つしかないから攻撃された時のダメージを回避するためですって。

今回のSG50イベントでかなりの数の戦闘機がお目見えしたけれど

皆このために母国に集まってきたのでしょうね。


f0368936_13104660.jpg


それにしてもSG50の4連休で公共交通機関に通信にエンターテイメントに、

無料サービス目白押しの太っ腹シンガポールに驚くばかりです。

最近聞いたSG50のお祝いサービスの中で秀逸は

今年度シンガポール国内の所得税納税者は50周年にちなんで半額になるというお話。

外国人も対象で、上限は$1000らしいですが

こんなことあっさり出来る国、他にあるかいな!?


Happy National Day♥SINGAPORE






f0368936_13070934.jpg

にほんブログ村シンガポール情報

f0368936_13070973.jpg

写真ブログフォトスタイリング

ランキング参加中♪お帰りの際にぽちっと一押し、ありがとうございます。





by chocolat2008 | 2015-08-10 00:00 | Singapore☆エンタメ

f0368936_13104786.jpg



小笠原諸島父島の旅、
滞在3日目は朝から島の南側にある千尋岩
通称ハートロックを目指して
トレッキングして来ました。


前日の南島ツアー中に海上から見えた
ハート形の岩の頂上を目指して
往復約5~6時間の道のり。





お宿に事前にお願いして
簡単な昼食を用意していただきました。


f0368936_13104743.jpg


今すぐ頬張りたくなるほど美味しそうな
おにぎりセット


その他諸々トレッキングに必要なものを
リュックに詰めて


いざ!





お天気上々、お宿までガイドさんが
ピックアップに来て下さりその後山道付近で
今回一緒にトレッキングをするメンバーさんたちと合流。


f0368936_13104713.jpg


今回参加したツアーの中でファミリーは我が家だけで
あとは兄妹参加、お友達と参加の
全部で9人のグループとなりました。


全員フットワークの軽い面々で
結構早いペースで進めたのではないかと思います。





目的地のハートロックまで
小笠原の森林生態系保護地域に指定された
森の中を歩くため
まずは山道入り口で靴底と衣服のセルフチェック。


f0368936_13104754.jpg



マットにブラシに酢スプレーにコロコロに、、、


どれもこれも外来種の侵入を
出来る限り防ぐ為の工夫ですな。


更にトレッキングスタート前に
自分が該当するカテゴリーの筒に小石を一つ入れました。



f0368936_13104765.jpg



これで入山人数を把握しているのね。


保護地域には
入山許可証を持ったガイドさんの同行が無ければ
入れないとのこと。


今回ツアーガイドをお願いしたのはオガツアー
その名も小笠原さん。


えー出来過ぎでしょう?
芸名でないの?
と思いきや本名だそうです!驚き。



f0368936_13104726.jpg


トークが面白く終始楽しいトレッキングでした!


父島で人気のガイドさんだそうですよ~





森の中に入るとそこは小笠原固有種&希少種の宝庫。


有名なタコノキ、
蛸の足のような様相からついた名前で
小笠原村の木に指定されてます。


f0368936_13104879.jpg



ムニンシラガゴケにマルハチに
オガサワラビロウ、ムニンヒメツバキ。


小笠原の生態系でのみ生息している植物や生物が
山道脇に次々に登場、
そこに時々強力な外来種が
混じりこんでいることあり。。。


山中で不測の事態に備えて設置されている
救急グッズ箱を発見。



f0368936_13104877.jpg


見た感じ本州にある森と
なんら変わりないように見えるけれど
蛇もいないし四つ足哺乳動物も存在しません。


小さな海洋島へ奇跡に近い方法で辿りつき、
適応進化してきた小笠原の生物たちは
独自の進化を遂げ大陸とは全く違う生態系で
成り立っています。


ちなみに小笠原諸島全体で爬虫類は2種のみ、
両生類に至ってはゼロ。


アリやミミズすら外来種扱いと言いますから、、、
同じ地球上とは思えない。





そんな森林ウォッチングをしながら2時間ちょっと、
突然目の前が開けてきました。


f0368936_13104872.jpg


f0368936_13104854.jpg



うーーーーみーーーーーーーっ!(海)


ようやく目的地ハートロックが見えてきました。


周囲は一面小笠原特有の乾性低木林。



f0368936_13104806.jpg



茶褐色のハートロック断崖まで
ここからさらに20分ほど。



f0368936_13104990.jpg


f0368936_13104957.jpg



到着。


ハートロックの上から円縁湾を望む、絶景。


向こうに見えるのは前日訪れた南島。


眼の良い人には海上に鯨の姿が見えたそうです。



f0368936_13104930.jpg


f0368936_13104960.jpg



美しいのは山々だけど崖が怖すぎる~


記念写真撮るにも腰がひけるひける、
ひいいいいいいいぃぃぃぃ~~~~っ


こんなところで公共基準点に遭遇。



f0368936_13104969.jpg



ちょうどお昼時ということで、
ハートロックの頂上で
昼食がてらしばし休憩をとりました。


日陰が全く無く若干きつかったけれど、
絶景と心地よい海風に囲まれて
お腹も心も満たされました。



f0368936_13104901.jpg


いや~本当に何もかもが美しかったです。





帰路途中でガジュマルの森に寄りました。


f0368936_13104907.jpg


f0368936_13105096.jpg


ガジュマルの木と戯れるガイドさん
楽しいトレッキングツアーを
ありがとうございました。





そして、このハートロックツアーでは
小笠原のもう一つの側面を見る事が出来たわけですが
お写真は別記事でまとめます。





おまけ。


天敵や競争相手の少ない小笠原の固有種にとって
人が持ち込んだ外来種(野生化した山羊や猫、
グリーンアノールというトカゲなど)は脅威。


現在罠付きカゴで捕獲する駆除活動が
地道に続けられているそうです。


f0368936_13105059.jpg



小笠原の価値ある生態系が
いつまでも守られますように。





期間限定で参加してます。

f0368936_13102166.gif

にほんブログ村





f0368936_13070934.jpg

にほんブログ村シンガポール情報

f0368936_13070973.jpg

写真ブログフォトスタイリング

ランキング参加中♪お帰りの際にぽちっと一押し、ありがとうございます。





by chocolat2008 | 2015-08-08 00:00 | 小笠原諸島父島/日本2014

f0368936_13105111.jpg


最近ぐんぐん増えているサンズなどのホテル関係の検索。

ホテルや近隣諸国旅行情報へのアクセスがググッと増えると

ああ夏休み(冬や春もね)なんだなあ、と。

加えて普段は見かけない国からのアクセスがあったりして興味深いです。

さてと久しぶりに、シンガポールは初めてというゲストが来星しました。

ならばと超超ビギナー向けのシンガポール観光をプランニングし

すっかりアテンド三昧。。。

何処もかしこも少なくとも片手回数は訪れているところですが

改めて巡ると結構楽しかったりしてなかなか充実した日々となりました。

訪れた場所をざっくりとご紹介。





定番ラッフルズホテル、ロングバー。

シンガポールスリング発祥バーで一杯、おつまみの落花生の殻を撒き散らし

床を盛大に汚すお楽しみ付き。

f0368936_13105160.jpg

ノンアルコールバージョンもあるのでアルコール苦手な人でもOK、子連れも問題無し。

個人的にはカクテルよりタイガービアの方が美味しいと思います。





サンズスカイパークからマリーナベイサンズ内、マーライオンパークまで

マリーナベイ周辺をぐるっと観光。

f0368936_13105170.jpg


夕刻から花火を見ながらがっつりチリクラブ。

『チリクラブ+マリーナベイの夜景』のセットが我が家のお気に入りです。

パームビーチやノーサインボードが定番。


f0368936_13105113.jpg

パームビーチにはエプロンだけでなくゴム手袋がありました。

青色がなんだか奇妙、しかし手を汚さずに食べられるのでうれしい限り。





チャイナタウンでこれまた定番の飲茶。

ワゴンで回ってくる飲茶どころがやっぱり良いのだ。(意外とシンガポールに少ないのです)

茶柱立った!

f0368936_13105161.jpg

巨大なマンゴーやドリアンの山(今年はドリアン大豊作の年)珍しい食材を覗きながら

チープでキッチュでウケるお土産ものを物色。(実用的なものも勿論!)

午後遅くなればなるほど観光客が多くなります。





シンガポールの夜のお楽しみその1、ナイトサファリ。

f0368936_13105183.jpg

さすがにこの時期は暑くて動物たちは若干ばて気味でした。

トラムに乗って進むサファリは夜風が気持ち良し。





シンガポールの夜のお楽しみその2、カジノ@サンズ。

f0368936_13105110.jpg

お家ディナーの後、キッチンそのままでサンズへGO。

私はスロットだけ、結果、サンズと我が家間タクシー2往復分くらい勝ったかな。





シンガポールのパワースポット巡り。

風水の国シンガポールに於いて良い気が出ているとされる場所を訪問。

f0368936_13105205.jpg

こんな風にテーマを絞って観光名所を回るのもオススメです。





連日の暑さでばて気味、ならば屋内の涼スポットということでSEAアクアリアムへ。

f0368936_13105235.jpg

相変わらず美しい水族館、癒されます。

記念写真を撮るのに行列!?と思った水槽の中にSG50がありました。





お決まりでユニバーサルスタジオ。

f0368936_13105283.jpg

久しぶりに行ったら新しいアトラクションが登場していた!

今まで乗ったことのなかったトランスフォーマーに今回初めて乗りました。

揺れと3Dの組み合わせが強烈で若干気持ち悪くなってしまった。

参考までに待ち時間。(平日午後)

トランスフォーマー 30分
バトルスターギャラクティカ 90分
ジュラシックパーク 130分
マミー 30分
マダガスカル 5分

でした。





もう一つのマーライオン、セントーサのパパマーライオンに会いに行く。

f0368936_13105286.jpg

その他オーチャードを散策したり、チキンライスを食べに行ったりetc.etc....

たまに本気でシンガポール観光すると新たな発見があり面白いですね。



Enjoy SINGAPORE





おまけ。

そんな日々を送っている間にすっかり買いそびれてしまったD&DのSG50記念トート。
f0368936_13105276.jpg

まとめ買いしたお友達に一つキープしててもらいました。

程良い大きさで使いやすいです!






f0368936_13070934.jpg

にほんブログ村シンガポール情報

f0368936_13070973.jpg

写真ブログフォトスタイリング

ランキング参加中♪お帰りの際にぽちっと一押し、ありがとうございます。





by chocolat2008 | 2015-08-04 00:00 | Singapore☆お出かけPHOTO

フォトジェニックな日々 Happy Singapore Diary ::::::::::::::::::::::::::シンガポール在住/時々日本、時々それ以外の国 /写真と旅とお花と美味しいものを少々の日々


by CHOCOL@T
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31