f0368936_15564820.jpg





我が家のダイニングテーブルに飾った
ある日のブーケシャンペトル。



グリーンをたっぷり使い
ふんわりとシンプルに束ねたシャンペトルは
遠目だとわかりませんが
中に少しだけ白いライラックを潜ませてます。





f0368936_15565412.jpg



スモークグラスは
イネ科の植物にアレルギーのある人は要注意。
雑草の飛散力は凄まじく
さすがにこれだけの量を使っていると
室内に持ち込んだだけで
くしゃみと鼻水が止まらなくなりますよ。




***




さてさて、花器は例のグアックスです。
ブーケの大きさに合わせて
2サイズ持っているのですが
シンプルな形と素材の絶妙な透け加減が
活けたお花を最大限に引き立ててくれるので
とても気に入っています。





で、そろそろ違うデザインが気になり始め
も少し買い足そうかと
夜な夜なネットサーフィン〜





次に買うなら
やっぱりこれかな。。。
(以下、検索で拾ってきた画像です)




f0368936_15570066.jpg




バブル状の文様は、初めて見た時
何だかグロテスクな感じがしたけれど
度々見ているうちに
これがまたなかなかよく見えてきた。




f0368936_15571101.jpg




どのお色も魅力的。




f0368936_16474083.jpg

f0368936_16474403.jpg





でもやっぱりモノトーンも気になります。





f0368936_15570785.jpg





こんなニュアンスカラーだと
まるで彫刻のようだし
昼夜とで表情が変わりそう。





f0368936_15570378.jpg



うーむ、エンドレス。
悩みますな。








ランキング参加中035.gif

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ






by chocolat2008 | 2017-04-24 00:00 | FLOWER*SEASON2



f0368936_17000427.jpg





早いですね、明日から4月ですよ。
とは言っても、春休みでも何でもない我が家は
ごくごく普通の日常です。
春休みはイースターの辺りに
ごっそり楽しむことに致しまして、、、
とりあえず週末はColdplayのライブです〜
今からワクワクです!





さてと、お写真は
目にも鮮やかなバンダを使った
コンポジション。



バンダ(Vanda)は蘭の一種で
東南アジアが原産。
高温多湿なシンガポールでも
ちょっとやそっとじゃ
枯れることのないお花です。



多少暑かろうが
水にじゃぶじゃぶ浸かろうが
2日くらいその辺に水につけず置きっぱでも
とことん花持ちが良く
且つ鮮やかな色彩が持続するという
驚異的な生命力なの。



ワイルドフラワーなぞもそうですが
過酷な環境に適応してきた花たちは
本当にタフだなあと思います。



胡蝶蘭やバンダは
パリスタイルのブーケやコンポジションに
よく合うと思います。
蘭類が安価で手に入るシンガポールですので
今のうちにもっともっと使っておこうっと。




***




ついでに蘭といえば
こちらの書籍。


f0368936_00082938.jpg



在星中&今後予定の方にお勧めの一冊。
(上巻下巻あります)
舞台は戦中シンガポール。
タイトルになっている蘭が一体何を意味するか
最後の最後でわかります。




***




そんなわけで、ブーケ・ド・マリエに引き続き
先日開催されたコンポジションの勉強会。
コンポジション、前回はいつ作りましたっけ?
と思い出せないレベルのご無沙汰ぶりでした。
久しぶりに作って
どっとエネルギー消耗してしまいました。。。



考えれば考えるほど
ドツボにはまってしまうコンポジションは
私にとって鬼門かもしれませんのう。






おまけ。


自宅のバスルームの温室的なもの
いまだ健在です。



f0368936_17243678.jpg


気温湿度光量がちょうど良いのか
お花の持ちがとても良いです。
根まで生えて水だけで自生し始めたりね。
植物がすぐ枯れるお部屋は要注意
というお話を時々聞きますけど
このバスルーム窓際は
一体どんな『気』が入ってきてるの??
と知りたくなるくらいお花たちが元気です。








ランキング参加中035.gif

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ






by chocolat2008 | 2017-03-31 00:00 | FLOWER*SEASON2



f0368936_23403616.jpg





というわけで、勉強会で作った
ブーケ・ド・マリエたち。
パリスタイルは基本ナチュラルステム。



特に左下のガーデンスタイルが
一度作って見たかったブーケ。
一体どうなってるの??
と不思議でならなかった形の秘密が
やっとわかってスッキリ〜



どれもこれも初めて作ったものばかりなので
とてもアップではお見せできない
クオリティでございます。
難しかったけれど
とても勉強になりました!




***




ところで、
日本のウェディングブーケって
もの凄くきっちりかっちり
作ってあるイメージなのですが
外国のブーケって
時々、拍子抜けするくらいナチュラルで
それがまた素敵だったりします。





最近いいなと思ったのはこちらのお写真。



f0368936_23403222.jpg



テイラー・スイフトが
親友の結婚式に出席した時のお写真。
ブーケは茎をまっすぐ揃えずむき出しで
シャンペトルそのまんま。
リボンは作りこまずにさらりと長く垂らすのみ。
周囲の風景にしっかり溶け込んでいて
素敵だと思います。。。





画像検索で拾って来たこのお写真も素敵。




f0368936_23402803.jpg



ブライズメイドたちのドレスの色といい
まあ、西洋人がやると何でも絵になりますわ。





こんなのも良いですね。



f0368936_23401939.jpg



やっぱりアネモネが入ると良いですね〜





お花のお勉強のために定期購読している
ウェディングマガジンの1ページ。




f0368936_23402375.jpg



こんな風にフラワーデザインを軸に
ウェディングシーンをトータルコーディネート
していくわけです。





日本のウェディングマガジンだと
ホテル結婚式が多くフィーチャーされがちだけど
海外のウエディングマガジンでは
屋外&自然に囲まれた中で
アットホームなガーデンパーティー
といった設定が圧倒的に多いです。







ランキング参加中035.gif

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ






by chocolat2008 | 2017-03-28 00:00 | FLOWER*SEASON2



f0368936_23394931.jpg




ブーケ・ド・マリエとは
フランス語でウエディングブーケのこと。



先日パリスタイルのブーケ・ド・マリエの
勉強会がお花の先生のお宅で開催されたので
行って参りました。



果たして今後私に、人様の晴れ舞台用の
大切なブーケを作る機会があるのかどうか、、、
無さそうだから作れなくてもいいよね
なんて甘い考えでいたわけですが



ウェディングブーケ作れないフローリストなんて
フローリストじゃないらしいので
それじゃあ困ると一念発起!
バッチリお勉強して来ました。



んもう〜先生がレッスン用にご用意して下さった
お花たちを見て狂喜乱舞。





f0368936_00004141.jpg




恐らく殆どがオーダー&お取り寄せのお花たち。
普段、シンガポールのお花市場では
まず見かける事のない一品を
束ねることができるなんて幸せすぎる。。。



ウェディング用は通常のブーケ以上に
花材のクオリティが大切になり
デザインから仕入れ、作成に至るまで
相当のエネルギーが必要とされるって
言うのは簡単だけど、実際本当に大変です。



遥か昔、自分が持ったウエディングブーケは
当時25ansウエディングブックで
最も人気のスタイルのもの2種でした。



お写真をメールで送って
これと同じの作ってくださいね〜
といとも簡単にオーダーしたわけですけど
(ちなみに海外ウェディングでした)
お花事情が日本と全く違うって言うのに
ほぼ同じに作って下さった
フローリストさんのプロ根性に
今更ながら脱帽でございます。




f0368936_00004509.jpg



そんな感じで勉強会では
たくさんのレクチャーを受け
頭の中パンパンになりながら
必死でブーケを幾つか作りました。



次の記事に続く。









ランキング参加中035.gif

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ






by chocolat2008 | 2017-03-26 00:00 | FLOWER*SEASON2



f0368936_18431384.jpg






綺麗に花開き
丸いポンポンいっぱいの
ミモザアカシア。



そんなミモザを使って
シャンペトルブーケを作りました。



間も無くミモザのシーズンが
終わってしまいます。
今シーズン、もう一つくらい
ミモザを使って作り納めしておきたい気分。




***




さて、最近お花写真の背景が
自宅っぽい?と感じたあなた。
はい、正解で〜す。



でも、私のおうちではありません。
お花の先生のご自宅兼アトリエでございます。




f0368936_18432883.jpg




先生のご自宅、とてもお洒落で
まるでパリのアパルトマンみたい。
インテリアは甘さを削ぎ落とした
フレンチシックで
非常に居心地が良いです。



時々お姿拝見できる
先生の旦那様(シンガポーリアンです)
わんこが1匹。
新婚ホヤホヤな空間に度々お邪魔して
申し訳ありません!



でね、リビングの窓枠が
シンガポールにありがちな
シルバースチール色でないところや
お外に緑が広がっているところなど
お写真撮影的に好条件が揃っているの。





f0368936_18432299.jpg




いいですね〜
やはり暮らしの視線の高さに
緑が広がっていると
心が洗われるといいますか
豊かな気持ちにさせてくれますな。



現在ムービングを検討している
我が家でございますが
目下、条件リストアップ中。
『リビングルームのお外は緑がいっぱい』
を入れておきましょうかね。








ランキング参加中035.gif

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ






by chocolat2008 | 2017-03-09 00:00 | FLOWER*SEASON2



f0368936_00332690.jpg






クリスマスローズを使って
大人シックなブーケを
作ってみました。



ワインレッドカラーの
お花だけを集めたので
ちょっと暗めかな?



例のツルもの育成が
うまくいっているようで
いい感じで活躍してくれました。




***




ワインレッド繫がりで
先日の私のお誕生日に
開けた赤のスパークリング。



f0368936_23353208.jpg



NV Auldana Estate Shiraz Sparkling
いつ買ったのか覚えていない。。。
お味はまあまあ、養命酒的な。



久しぶりにこのワインが入っていた
ワインセラーの段を整理したら
奥のボトルがカビてました。
シンガポールは開閉しただけで
湿気が入り込むから
カビやすくてほんと困ります





ケーキは大好きなミルクレープを
勿論ホールで!



f0368936_23352775.jpg



美味しいものいっぱい頂いて
幸せなお誕生日でした〜








ランキング参加中035.gif

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ






by chocolat2008 | 2017-03-02 00:00 | FLOWER*SEASON2



f0368936_19054514.jpg





春間近。
待ちに待ったコデマリが
お花市場に入荷しました。
早速パリスタイルらしいカラーリングで
シャンペトルブーケを作りましたよ。




***



大好きなシャンペトルブーケ作り。
シャンペトルとはフランス語で
田園風を意味します。



野原で積んだ草花をふんわりと
自由に束ねたようなブーケを
シャンペトルブーケと言いまして
今とっても流行りのスタイル。



一般のスタイルとは風合いが違い
シンガポールで見かけることが無いので
シャンペトルブーケを持ち歩いていると
「それはどこの花屋で買ったのか」
と声をかけられることがあります。



シャンペトルは使用する花材に特徴がありまして
正直言ってシンガポールのお花屋さんの
店頭に並んでいる花材だけでは厳しいです。



そしてコツはきっちり作り込まずに
いかにラフに自然に見せるか
(でもしっかり計算しています)
ここが非常に難しかったりします。



通常ブーケ・ロンも好きですが
私はシャンペトルの方が性に合ってるみたいで
毎回ワクワクしながら束ねています。








ランキング参加中035.gif

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ






by chocolat2008 | 2017-02-25 00:00 | FLOWER*SEASON2


f0368936_01231404.jpg





雪降る冬の日本が恋しい今日此の頃。
二月、一番寒い時。
二月の日本というものを
ここ何年も経験していないので
『寒い』が一体どの程度なのか
すっかり忘れてしまっています。



シンガポールは相変わらず暑いです。
今日なんて熱風吹いていました。
もう乾季に入ったのでしょうかね。




***




そんな常夏のシンガポールで
冬を意識したブーケを作ってみました。



一月からお花市場は
どうにも止まらないラナンキュラス祭り。





f0368936_17462690.jpg





とっても綺麗なラナンが
ヨーロッパや日本から沢山届いています。



冒頭お写真のホワイトラナンキュラスは
まだまだ蕾の状態。
ここから3倍の大きさまで花開きました。
幾重にも重なったソフトな花弁が
うっとりするほど綺麗〜







ランキング参加中035.gif

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ






by chocolat2008 | 2017-02-11 00:00 | FLOWER*SEASON2




f0368936_11323997.jpg





お花市場でオンシジュームを見かけるたびに
これを使ってシャンペトルを作ったら
綺麗だろうな、、、なんて
ずっと思い描いていました。



そして、先日遂にそのタイミングがやって来た!



一緒に束ねたミモザは
今まで使ったことのないタイプ。
ミモザって一体幾つ種類があるのでしょう?
葉の形がそれぞれ違っていて面白いです。



全体的に花材を2倍量使って
さらに大きなシャンペトルを目指しても良かったかな
とお写真を見て思いました。



単色でシンプルなブーケ。
こうゆうの好き。





***





今週はお家の旧正月ディスプレイを
片付けようと思います。




f0368936_19453065.jpg



日本だとお正月飾りを下ろすタイミングは
暦上で決まっているのだけれど
旧暦には何か決まり事あるのでしょうかね?
結局毎年気が向いた時に片付けちゃってますが。








ランキング参加中035.gif

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ






by chocolat2008 | 2017-02-06 00:00 | FLOWER*SEASON2



f0368936_17325375.jpg





幾ら何でも今日はもう雨は降らないでしょう?
と思っていたら甘かった。
結局1日どんよりしとしとしと。。。
肌寒かったです。



旧正月の訪れと共に雨季が明けるのが
定説のシンガポール。
なので普通なら今頃(ちょっと例年より早いけれどね)
雨季明け直前の最後のどか降りのタイミング
と言いたいところなんですが
ちょっと長過ぎますね。



うちのわんこはお散歩に行けないものだから
遂にトイレではないところに
抗議うん○しちゃいましたよ。
やれやれ。



お外に出たら
大きな木には近寄らないでおこう。
年中高温多湿のシンガポールの木々は
根が信じられないほど貧弱なので
雨が続いて地盤が緩むと
いとも簡単に根こそぎ倒れちゃいますから。





***





お写真は珍しくトルコ桔梗を使ったブーケ。
滅多に使わない花材ですが
面白いトルコ桔梗に出会ったので
シャンペトルに取り入れてみました。



花弁が普通のものに比べると固めで
お色が若干くすんでいます。
色褪せてるのかなと思ってよく見たら
微妙にメタリックがかっているの。
台湾産なので詳しいことはわかりませんが
多分アンバーと言われる種類なのかなと。



花弁の質感が違うだけで
グッとスタイリッシュになりますな〜
是非また使ってみたい!







おまけ。


飲茶に行ったらやたら大きな器で
中国茶が出て来ました。


f0368936_12210193.jpg



御飯碗ほどの大きさです。
スープなど入れる器じゃないのかな。
大は小を兼ねる。







ランキング参加中035.gif

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ






by chocolat2008 | 2017-01-26 00:00 | FLOWER*SEASON2

フォトジェニックな日々 Happy Singapore Diary ::::::::::::::::::::::::::シンガポール在住/時々日本、時々それ以外の国 /写真と旅とお花と美味しいものを少々の日々


by CHOCOL@T
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30