f0368936_01565383.jpg





シャングリラホテルといえば



CHIスパ!






期間限定参加中

にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ
にほんブログ村





言わずと知れたシャングリラの極上スパヴィレッジ。
利用するのはもちろん初めてなので
ちょっと楽しみにしておりました。




CHIスパ/THE SPA AT SHANGRI-LA




スパの場所はプール付きヴィラ群がある
KANLURANエリア。
周りをぐるっとヴィラに囲まれていて
ほぼここだけで独立したリゾートのような空間。
まさに”ヴィレッジ”。



スパ内は静かで快適な空間を提供するため
入場に年齢制限があるそうです。





ディナー後、あとは寝るだけの状態という
超リラックスモードでスパに向かいました。
とりあえず夜なのでバギー送迎です。
夜遅くまでスパがオープンしているのは
何気に高ポイント!




f0368936_01571366.jpg





到着後はスパパヴィリオンにて
ウェルカムドリンクをいただきながら
コンサルテーションカードの記入。
一番遅い時間のチェックインだったので
他に誰もいらっしゃらず私一人だけ、むふふ。
スパブティックを覗いて見たり
あちこち探検してみたり。




スパ名となっているCHIとは
中国語で『氣』の意味。
氣の流れを整えることによって
心身共に健康且つ自然治癒力を高めるという
中国ウン千年の哲学にインスパイアされた
トリートメント&セッションメニュー
ということのようですね。



ボラカイのCHIスパでは
そこにフィリピン特有の天然植物を取り入れたり
古来から伝わるセラピーマッサージを
ミックスさせたメニューになっていました。





スタート時間になると
施術担当者がお迎えに来ました。
スパルームはそれぞれ独立したヴィラに
なっているのですね、贅沢な造りですこと。




f0368936_01583426.jpg





お部屋に入り早速お着替え。
ここのね、バスローブが非常に肌触りが良くて
気持ち良かったです。



今回お願いしたのは
いつもの如くフェイシャルコース。
日焼けしてしまったお肌に
がっつり水分と栄養分を補給してもらいましたよ。
目が覚めたらお肌はツルピカ!





そして施術後はスパヴィレッジの中庭に広がる
スパプールのライトアップを楽しみました。
誰もいない〜素敵すぎる。





f0368936_01565852.jpg




スパ利用者はトリートメントやセッション後
好きなだけここで過ごすことができるのだそうです。
私は夜に来てしまいましたが
滞在中いつでも遊びに来ても良いですよと
お誘いいただきました。
(しかし、結局来ることはありませんでしたが)



CHIスパはシャングリラの中にあって
シャングリラの中でないような別世界、
まるで異空間
今まで利用したアジアンスパの中で
ベスト5に入るファシリティだったと思います。



冠名に”スパ”と入っているホテルは数あれど
ボラカイのシャングリラは
さすがの規模とクオリティだったので
名前負けナシだったなあと。





ちなみにシンガポールのシャングリラには
今までCHIスパが無かったのですが
少し前にオープンした模様。
メニューを見ていたらお誕生日トリートメントなる
オファーを見つけました。
75分マッサージに
ロビーコートのアフタヌーンティー付き
ですって、これはお得かも。
行ってみようかしら。








ランキング参加中035.gif

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ






by chocolat2008 | 2017-02-22 00:00 | ★ボラカイ/フィリピン2016

f0368936_13115646.jpg


毎日暑いですね、ワンコのお散歩もままならず
屋内に篭りたくなる今日この頃シンガポールです。


こんな時は癒しの記事です。
先月(もう先月になってしまったわ)の訪タイ時に
お邪魔したパンピューリのスパのお話でも。


スパ天国、マッサージ天国のタイはバンコクで
せっかく行くならオーガニックな
タイブランドプロダクツを使用した場所が良いなと
向かった先はチットロムのゲイソン。


ここの地下にですね
パンピューリの店舗と直営スパがあるんです。


f0368936_13115791.jpg


パンピューリはご存知タイの
オーガニックコスメ&スパプロダクツブランド。


自然由来の高品質素材を使用した製品たちは
世界基準のオーガニック認定を受けていて
数あるタイのコスメブランドの中でも
最高峰と言われています。


そんなパンピューリのお品が並ぶ
ゴージャスな店内。


f0368936_13115768.jpg



数年前に日本にも上陸致しました。
サロンは勿論オンラインで購入可能になり
もはやオンリータイのブランドでは
なくなってしまいましたが。。。



f0368936_13115790.jpg


ところでシンガポールで
パンピューリの製品って購入できるのかしら?
未だかつて見かけたことがないのだけれど。





そんなわけで予約時間15分前となりました。
お隣の併設スパへするっとスライド。

f0368936_13115734.jpg


予約はオンラインで出来まして
なんと日本語専用サイトがありました。
日本からのお客様がきっと多いのですね。


ローカルサイトと比較いたしましたら
私が希望していたお得なパッケージに関しては
日本語サイトでは2月一杯で締め切りに
なっておりました。


なのでローカルのサロン担当者とメールでやりとり
3月の予約をお願い致しました。
細かい時間指定(何時までサロンを出たいとか)が
可能なので結果的にはこっちで正解だったかなと。


f0368936_13115747.jpg


レセプションにてコンサルテーションカード記入。
そしてこれから使用するオイルの説明をして頂き
好みのオイルを選択。
私はシグネチャーのタイジャスミンを選びました!
もうとにかく良い香り!!


f0368936_13115744.jpg


黒タイルのトリートメントルームが素敵。
こちらはシャワー付きのお部屋ではないので
施術後はシャワーが利用できる別のお部屋に
移動となりました。


どちらが良かったかと聞かれたら
やはり最初のお部屋の方がゴージャスだったかな。


体に触れるもの全ての物にオーガニック
というコンセプトは
スパ中に使用されるタオル&シーツや
飲み物にも反映されていて
その徹底ぶりに感心。


f0368936_13115704.jpg


およそ3時間近くのスペシャルパッケージには
フット、ボディ、フェイス
全てのトリートメントが含まれ
しかも通常価格の半分ほどのお値段!?
というお値打ちものでございました。


是非、スパHPのスペシャルオファーを
覗いてみてくださいね。


PAÑPURI ORGANIC SPA





おまけ。

スパを終えゲイソンを出たところで
背後から何かおーいと呼ばれた気が。

f0368936_13115971.jpg


振り向いたらば、リーデルの看板が。
なんと世界初のリーデルによるバー&レストランが
オープンしたそうです。これはまた来ないと






f0368936_13070934.jpg

にほんブログ村シンガポール情報

f0368936_13070973.jpg

写真ブログフォトスタイリング

ランキング参加中♪お帰りの際にぽちっと一押し、ありがとうございます。





by chocolat2008 | 2016-04-02 00:00 | ★バンコク/タイランド2016

f0368936_13101483.jpg



宿泊したカスール・アル・サラブ・デザートリゾートは
タイのアナンタラというリゾートホテルグループが
運営しています。


アナンタラ=アジアンリゾートのイメージでしたけど
中東にもあったのですね。


そんな訳でホテルのスパは『アナンタラ・スパ』。





日が暮れて辺りが真っ暗闇になった夕刻、
いそいそとスパにお出かけしてみました。


f0368936_13101473.jpg



夜間にこうやってみると
ホテル以外本当に周りに何もないのだなと。


目的のスパ施設は別棟。



f0368936_13101467.jpg



メニューはタイ式、アラビアンなどなど。


レーパートリーが沢山という訳ではなかったけれど、
逆に迷わずに済んでこれはこれで良し。


そんなわけで私は恒例のフェイシャルで
お願いすることに致しました。



f0368936_13101572.jpg



チェックイン後レセプションにてしばし待ち時間。


のち、担当者が呼びに来てくださり施術ルームへ。



f0368936_13101548.jpg


英国のエレミスブランドを使った
デイスキンフェイシャルを60分間。


ちなみにこのホテルの各お部屋にあるバスアメニティは
全てエレミスでした。
(個人的にいかにも英国っぽい昔風の香りが実はあまり好みではない)


極上フェイシャルで施術中は恒例の爆睡


メニューにはスパパッケージというのがありまして
ランチを含む全身、お顔くまなくスパ三昧な
アラビアンコースが全行程4時間半!


良いですね~



***



そしてもう一つ美容モノを。


その名もデザートヨガ、
砂漠の上でヨガをして参りました。


サンライズ時とサンセット時の1日2回開催してまして
お写真は夕方のサンセットの時のもの。


f0368936_13101533.jpg



ホテル内を移動中偶然見かけたこの光景、
素晴らしくパワーをチャージできそうだなと
早速翌朝のクラスにエントリーしました。


集合場所はフィットネスジム、
ジムでは日中ピラティスやらエアロビやら
様々なクラスを開催しているそうです。


また日の出前の早朝集合で
眠いわ寒いわで体がかっちこち。。。


参加者は私とフランス人のお嬢さんの二人のみで
ほぼマンツーマン状態でした。


インストラクターはインドで修行してきたという
小柄な女性で
全体の構成や流れなどとてもわかりやすく
集中できました!



f0368936_13101575.jpg


この日の日の出時刻はAM7:07、
なんだか縁起の良い数字で得した気分。


太陽がじわじわ角度を上げて行く中、
振り注ぐ朝日を全身に感じながら感動のヨガなり。


最初は寒くてフリースを着ながらのヨガ、
しかし体が温まってきた中盤からは
いつもの軽装でヨガが可能なくらいの快適さでしたよ。


最後は視界いっぱいに広がる砂漠の風景に向かって
メディテーションポーズ。


う~最高の砂漠アクティビティでした



<アクティビティDATA>
Desert Yoga
スタート / 6:15 or 17:15(所要時間1hours)
大人 150Dh++
参加は18歳以上65歳まで






おまけ。


エクササイズつながりでテニス。


こちらがホテルのテニスコート。
(お写真はホテルサイトから拝借)


f0368936_13101514.jpg


ラケットもボールもタオルも水も完備、
砂漠でテニスなんてまさかと思いきや
本当にありました。






f0368936_13070934.jpg

にほんブログ村シンガポール情報

f0368936_13070973.jpg

写真ブログフォトスタイリング

ランキング参加中♪お帰りの際にぽちっと一押し、ありがとうございます。





by chocolat2008 | 2015-05-06 00:00 | ★アブダビ/UAE2015


f0368936_13084905.jpg



ホテル到着後、
午後のハウスアウティングまでしばしの休憩時間。


朝早かったのでそのままプールサイドで
眠ってしまいたい気分でしたけど
お食事やスパなどに行って
ホテル内でのんびりと過ごすことに。。。





お部屋では新しいウェルカムフルーツが
待っていてくれました。


f0368936_13084955.jpg



昨日はランブータン、今日はロンガン、
たっぷり枝付きで


それから本当にアマンはまめです!


滞在中、毎日毎日必ずメッセージカードや
スモールプレゼントがお部屋に届きました。



f0368936_13085031.jpg



初日のクロマーに続いて
カンボジアの手作り扇子や
遺跡のモノクロフォトなどなど。


どれも良い記念になるお品ばかり。


メッセージカードの名前の前に付く
「bong」という単語は
英語で言う「mr.」とか「mrs.」に
当たるものなのでしょうかね?


そんなわけで、まずはもう一度朝食、
というかブランチ。



f0368936_13085039.jpg


ダイニングルームでフルーツサラダや
エッグベネディクトをいただきましたよ。





食後暫くしたのち、
予約をしていたホテル内のスパへ。


f0368936_13085044.jpg



アマンサラ・スパのレセプションには
本物カンボジアンアンティークが
さりげなーく置かれていて
目の保養になるのなんのって!


さりげな~く値札が付いていたりね。



f0368936_13085070.jpg


f0368936_13085034.jpg



ウェルカムドリンクを頂きながら。
レセプションから
トリートメントルームに向かう途中の廊下が
とても素敵でした。



f0368936_13085167.jpg



スパ内は写真撮影不可ってところ意外とあるけれど
アマンサラはOK。


とは言っても、
ばちばち撮るのは気が引けたもので
結局一枚だけ


中庭の名物レリーフ(寺院以外では珍しい規模の作品)を入れつつ
雰囲気がわかる程度に。



f0368936_13085139.jpg



トリートメントルームは全4室、
今回は夫も一緒だったので
二人同時に施術していただける
ツインルームに通されました。


私はフェイシャルでお化粧を落としたくなかった
という単純な理由で
スパメニューの中から「テンプルウォーク」という
フットマッサージを選択。


名前の通り、寺院散策で疲れた足を
癒してくれるメニュー。


朝から随分と歩きましたからね、
ベッドに横たわってマッサージが始まった直後から
記憶がありません


「アプサラ」という
ボディスクラブ&マッサージ+フェイシャルのコースが
シグネチャーのようです。


宿泊客以外でも
スパを利用することができるそうなので
オススメ!



f0368936_13085129.jpg



〆にジンジャーティー






f0368936_13070934.jpg

にほんブログ村シンガポール情報

f0368936_13070973.jpg

写真ブログフォトスタイリング

ランキング参加中♪お帰りの際にぽちっと一押し、ありがとうございます。





by chocolat2008 | 2014-11-28 00:00 | ★アンコールワット/カンボジア2013

f0368936_13075274.jpg



最終日の午前中に
スパに行って参りました。


午前中いっぱい家族それぞれが
好きな事をして過ごす時間。


プールに入ったり本を読んだり。。。


テニスコート完備で
レッスン&ヒッティングパトナーもOKと伺っていたので
きっと男チームは行くだろうなと思っていたら、
敷地内とは言え遠いところにあるらしく
どうやら挫けてしまったようです


マイラケットまで持って来たのにね。





私は予定通り10時オープンと共に
スパセクションへ。


f0368936_13075271.jpg



あらら2階にはジムが入っていたのですね。


ならばもっと早く来るべきだったわ。


そう言えば日本人をはじめアジアの人達は
旅先のホテルでジムに行くことはしませんね。


でも毎日ジム通いをするジムホリックな人々にとっては
結構重要ポイントだったりして。



f0368936_13075226.jpg



うちのコンドと同じマシーンが並んでますな。


更に上階に上がると
ようやくスパのレセプションが見えてきました。



f0368936_13075297.jpg



冷たいウェルカムドリンクを頂きながら
しばしウェイティング。


スパメニューは多岐に渡るので
ここでカウンセリングを受けながら
コースを決めるのでしょう。



f0368936_13075216.jpg



私は予約の段階で既にコース決定済み。


施術して下さる担当者がお迎えに来るまで
しばしぼぼっぼお~っとしてました。


担当者に案内されレセプションを出るとあらまあ、
なんと全トリートメントルームが
別棟になっておりました。(全部で6つ)



f0368936_13075208.jpg



トリートメントルームも
全てがオーシャンビューになっているそうです。


なんとも気持ちの良い空間!


数年前のとあるボディマッサージで
湯あたりならぬスパあたりを経験してから
旅先スパではフェイシャルにすることにしています。


スパあたりって本当にあるのよ、
体が怠くなって使いものにならなくなるから
始末が悪いの。


大概の人は問題ないと思いますが
私は敏感みたいです。


そんなわけで完全に記憶の無い90分間、
目が覚めたら終わってました。


気持ちよすぎでしょう。



f0368936_13075202.jpg


トリートメント終了後にお茶を頂きました。


一緒に出て来たのが
ドライマンゴーを小さくサイコロ状にしたもの。


これ良いですね、かじらずに摘んで食べられますし
見た目も良い





トリサラスパで使用するトリートメント類は
ケミカルフリーのSODASHI
トリートメントオイルは100%オーガニック。


スパメニューの中でも有名なのが
6ハンズマッサージのRoyal Trisaraと言いまして
手が六本、つまりセラピスト3人掛かりで
同時施術してくれるというハーレム状態。


想像しただけでくすぐったくなりますな~





ちなみにシーサイドで施術してもらう事も
できるようですね。


f0368936_13075330.jpg


勿論自分のヴィラまで来てもらうのもOK。


でもトリートメントルームが非常に快適だったので
もう一度行くならやはりスパまで行くと思います。





おまけ。


今回は残念ながらスケジュールが合わず
参加できなかったトリサラのヨガ。


週に何回かコンプリメンタリーで
朝ヨガがあるんですって。
(マットピラティスもありました)


f0368936_13075373.jpg


場所は海沿いのヨガサラにて。


参加したかった~!






f0368936_13070934.jpg

にほんブログ村シンガポール情報

f0368936_13070973.jpg

写真ブログフォトスタイリング

ランキング参加中♪お帰りの際にぽちっと一押し、ありがとうございます。





by chocolat2008 | 2014-06-29 00:00 | ★プーケット/タイランド2014


f0368936_13020071.jpg



ホテル到着後真っ先に向かったのがスパ


タワー1の55階に位置するホテルスパは
意外や意外(私だけ?)バンヤンツリーなんですよね。


オープンは2011年の夏くらいだったかと思います。



f0368936_13020028.jpg



バンヤンツリーと言えば近隣諸国タイや
インドネシアのイメージが強いのだけれど
実はシンガポールのホテルブランド。


世界中に数多のリゾートホテルやスパを持ちながら
何故か自国シンガポールにはどちらも無いという
摩訶不思議な展開でした。


というわけでサンズ内のスパが
国内では初めてとなるそうで、
これって凱旋オープンというのかしら?





チェックインは事前にネット予約しておいたので
とてもスムーズでした。


f0368936_13020082.jpg



少し早めに着いたので
レセプション脇のソファーコーナーで
お茶を頂きながらまったりと。


レモングラスの良い香りが
辺り一面に漂い素敵な空間でした。


暫くすると担当の女性がいらして
トリートメントルームに向かったのですが、


残念ながらお写真はここまで~
(スパ内部はお写真NGと言われてしまいました)


更衣室からバスルーム、トリートメントルーム
全てが個室内にあり贅沢な造りだった事や
お部屋の窓のむこうには
シンガポールならではの風景が広がっていた事など
お写真でお伝えできないのが残念!



f0368936_13020085.jpg


大体こんな眺めです


私が受けたのはフェイシャルの『Renewal』。
(トリートメント60分+リフレッシュメント&レラクゼーション30分)
$200++


お肌の活性化目的の施術で、
途中「おおおお~」と吃驚することがあり
施術後、肌のトーンが大きく変化、
あとは全てが気持ち良くて爆睡してしまった


その他スパに関しての情報は
こちらのサイトが分かりやすいのでどうぞ。


世界のベストスパ/SPA FINDER





トリートメント終了後はスパ内の絶景ラウンジへ。


f0368936_13020062.jpg



ラウンジの3方向がガラス張りで眺めが素晴らしい


サンズのこのアングルは
なかなか見れないのではないかと思います。



f0368936_13020025.jpg



お向かいのタワー2の55階は
フィットネスになっていて
よく見ると、ジム内で走り込んでる人が見えます。


スパはホテル宿泊者でなくても
ビジター利用できるので劇的にお勧め!



f0368936_13020167.jpg



バンヤンツリーと言えばこのグリーン。


ティーセットもオリジナル。



f0368936_13020135.jpg



はい!お約束でお隣は
『バンヤンツリー・ギャラリー』。


アロマポットからティーセット、バスグッズ、
トリートメントグッズ
ついつい欲しくなってしまうから危険だわ





そんな感じで午後はゆっくりと過ぎて行きました。


f0368936_13020148.jpg



雨がちだった旧正月。


上階のプールは寒いのかな?







f0368936_13004013.jpg

にほんブログ村シンガポール情報

f0368936_13004188.jpg

写真ブログフォトスタイリング

ランキング参加中♪お帰りの際にぽちっと一押し、ありがとうございます。







Banyan Tree Spa
banyantreespa.com




by chocolat2008 | 2013-02-23 19:00 | ☆マリーナベイサンズ☆2013

f0368936_12572207.jpg



ラッフルズブランドのスパ、
『Raffles Amrita Spa』にて。


こちらのスパは宿泊者のみが利用できるということで
楽しみにしていました。


スパにはジムやプールも併設♪





2000年にオープンしたこのスパ、
世界中にあるアムリタ・スパの本家に相応しく、、、


f0368936_12572328.jpg


うーむ、
かなり年季の入った感じでございました。。。


ローブに着替えトリートメントの時間まで
しばしお茶を頂いたテラスではそれこそ
タイムスリップしたかの様な錯覚に陥りましたわ。





スパ内の圧巻はこちら。


大きなアンティークの漆と金の引き戸。


f0368936_12572413.jpg


これは本当に素敵でしたね。。。


このドアの向こうは
プライベートジャグジーやアロマスチームバス、
ラウンジエリアまでついた
カップル用VIPスイートでございました。


あーあ、なんで一人で来ちゃったんだろうと
ちょっぴり後悔の念。





スパメニューはボディマッサージに
スクラブやラップ、
フェイシャルにハンド&フットケア、
ネイルにヘアケアまで
一通りあり。


カップル用パッケージが豊富でした♡


f0368936_12572469.jpg


私はオーソドックスに
フルボディのアロマテラピー・マッサージをリクエスト♪


事前に好きなオイルを選ばせてもらいました。





マッサージはあまりに気持ちよくて
半分眠りこけてしまいましたが
素直に技術の高さと言いますか正確さを堪能できた
まさに至高のひとときでございました。


f0368936_12572423.jpg


ビジターで利用できないというところが
これまた惹かれるんですよね。


尚、ホテルアメニティは全部ここのブランド、
ショップで購入も可能です。




Raffles Hotel Singapore
1 Beach Road
6337-1886
www.raffleshotel.com







by chocolat2008 | 2010-05-07 00:00 | ☆ラッフルズホテル☆2010

f0368936_12570405.jpg



というわけでこの旅日記も
遂に二桁数に入ってしまいました。


ようやく終わりが見えて来た。。。


プレ・スパメニューの『バス・ハウス』終了後
案内されたのは
スパ・ヴィレッジ内にあるリラックススペース。



f0368936_12570592.jpg



トリートメント担当の方がお迎えに来るまで
こちらのスペースでお茶を頂きながらまったりですわ。


ガラスケースの中に日本の本を見つけましたよ。


海側には水上コテージが並び
更に周囲にはいくつかのお昼寝スペースの
ミニコテージが点在。


もうねスパだけで訪れたことを
悔やんだこと悔やんだこと。



f0368936_12570508.jpg



ちなみにこちらのスパオープン時のセレモニーには
顧客であった故パバロッティが立ち会ったそうです。
(右下お写真)





私は滞在中2度、こちらのスパを利用しました。


1度目はマレーフェイシャル、
2度目はマレーボディマッサージと
ヘアトリートメントのパッケージ。


うっとりと至福の時を過ごさせてもらいました。。。



f0368936_12570505.jpg



マレースタイル、バリニーズ、
アユベティック、スウェディッシュ、
チャイニーズにタイ式に日本の指圧、
更にロミロミまで。


もうごっそり選び放題のスパメニューでございました♪


今回利用しませんでしたが、
フラワーバスもあって誘惑されました。



f0368936_12570585.jpg



こういったリゾートのスパでよく見かける
滞在中のパッケージだけど
『28Daysヒーリングプログラム』
なんてあって驚きました。


プライベートでチャイニーズ、アユベティック、
マレーのスペシャリストから
カウンセリングを受けることもできるそうな、
私もそんな老後を送ってみたいものです。





〆にヴィレッジ内のスパショップでお買い物を少々。



f0368936_12570533.jpg



正直言ってこれまで旅先のスパには
あまり執心することのなかった私でしたが
今回のスパ体験でかな~り開眼したかも!
大収穫でございました。





Pangkor Laut Resort
www.pangkorlautresort.com




 

by chocolat2008 | 2010-03-06 00:00 | ★パンコールラウトリゾート2009

f0368936_12570509.jpg



今回の旅で一番楽しみにしていたのがこちらのスパ。


アジア最大級のスパ・ヴィレッジに
どっぷり身を捧げて参りました。


マレーシアを中心に展開している『SPA VILLAGE』は
パンコール・ラウト島以外に
タンジョン・ジャラ・リゾートや
KLのリッツ・カールトン、
バリ島のテンボックにもあり。


その広い敷地と多岐にわたるプログラム故、
どこから書き留めて行けばいいのか迷います。。。


とりあえずレセプションスペースで
ウエルカムドリンクを頂きながら。



f0368936_12570503.jpg



宿泊客以外のスパ利用者はいないので
ゆったりのんびり終止和やかな雰囲気でございました。


カウンセリング後、最初にフットバスコーナーへ。



f0368936_12570617.jpg



ここで木槌のようなもので
足裏をまんべんなく叩いて刺激してくれるの。


とってもユニーク、叩く時に出る音が面白くて
後でスパショップでお買い上げしてしまいました。




ロッカールームにて身ぐるみ剥がされたら(笑)
スパ専用のファブリックでパレオ巻き。



f0368936_12570620.jpg



生地は使用後そのままお持ち帰り可能、
いろいろ使い道ありそうよね♪





このスパの大きな特徴は
いきなりトリートメントに入るのではなく
1時間以上のプレ・スパメニューがあること。


まずはマレー式のプールにて
ちょっと神秘的な儀式?


1、左上お写真の井戸に
コインを投げ入れてお願い事をする。



f0368936_12570614.jpg



2、その後滝を潜り、
胸くらいまで浸かる水の中を歩いて
向こう側まで渡ります。(冷たいのよ~)


3、渡った先の四隅には
それぞれ違った効能を持つ煙が立ちのぼっているの。
  右下お写真は『パッション』、
顔や頭を近づけて堪能します。





次に案内されたのが、、、
なんと日本式のスパスペース!!


それほど大きな建物ではないけれど
縁側らしきものがあったり洗い場があったり。


ナイロンタオルがしっかり用意されていて
びっくりでしたわ。



f0368936_12570692.jpg



洗い場を抜けるとそこは露天風呂!


係の方が呼びに来てくださるまで
ここで日本からいらした女性と
ずっとおしゃべりしてました♪


幾場所も経由して
やっとこのスパのある島までたどり着いた
なんてお話も面白かったです。





この後は更に別場所に移動し
アラレモナイ姿で全身上海スクラブ(あかすり)施術。


『バス・ハウス』と言われるプレ・スパメニューは
今まで経験したことなかったですね。


後編に続く。。。





Pangkor Laut Resort
www.pangkorlautresort.com
 





by chocolat2008 | 2010-03-05 00:00 | ★パンコールラウトリゾート2009


f0368936_12553576.jpg



ブルガリホテルのスパ
『ザ ブルガリ スパ』でございます。


ホテルスタッフに案内され、
予約より早めの時間に到着。
(これには訳がある、うしし)


一見東屋の様なこの木造スパレセプション、
ジャワ島から運び込んだという
伝統木造建築で出来ています。



f0368936_12553516.jpg



外側からの写真しかありませんが
中に入って天井を見上げると
これまた素晴らしかった。。。


レセプションでチェックイン。


冷たいお茶を頂きながらスパの説明を聞きます。



f0368936_12553531.jpg



スパ製品は英国のESPAを使用。


事前にフェイシャルで予約していたのですが、
やっぱり今日はお化粧落としたくないわということで
フットマッサージ&ペディキュアコースに
変更しちゃいました。





今回はたまたま担当で空いている方がいらっしゃったので
変更できましたが基本、事前予約通り。


ピーク時は特にウォークインでスパ申し込みは
出来ないだろうと思います。


このホテルはビジターで訪れる方が多いので
いっぱいなんでしょうね。


スパだけのツアーも沢山あるので
早めに予約を入れておくといいと思います。
(ただしこのスパはリッツの様な無料送迎サービスがありません)





ロッカールームで身支度をした後、
スパのリラクゼーションエリアへ。



f0368936_12553552.jpg



うしししし、、、早めに来た理由はこれざます♡


早めに行くとこのスペースをゆっくり満喫できると
事前情報を入手しておりました♪



f0368936_12553584.jpg



スパが始まるまでの小1時間、
ほぼ貸し切り状態で堪能!!


午前中はがら空きです、
スパは何処も午後から混み始めます。



f0368936_12553581.jpg




ローブをはじめ、何から何までブルガリづくし。。。






f0368936_12553529.jpg


f0368936_12553500.jpg




気持ち良くてうとうとし始めた頃、、、
「スパのお時間でございます」
と担当の方が呼びに来て下さいました。


それでは行って参ります。


これ以降、写真はありません。m(_ _)m





<今回のスパ内容>
ESPA Holistic Foot & Leg Treatment With Hot Stones
+ペディキュア Rp.947,750
バリ式タイ式トリートメント各種ありますが、
このホットストーンは抜群に気持ちよかったです。
ケア中ずっとヘアサロンのイスだったので、
もの凄く座り心地悪くて疲れちゃったけどね。





THE BVLGARI SPA
BVLGARI HOTELS & RESORTS BALI
LI,Goa Lempeh,Banjar Dinas Kangin,Uluwatu
0361-847-1000
www.bulgarihotels.com






by chocolat2008 | 2009-02-28 00:00 | ★バリ島/インドネシア2008

フォトジェニックな日々 Happy Singapore Diary ::::::::::::::::::::::::::シンガポール在住/時々日本、時々それ以外の国 /写真と旅とお花と美味しいものを少々の日々


by CHOCOL@T
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31