タグ:SingaporeWalkAround ( 11 ) タグの人気記事




f0368936_18100075.jpg





長い長いホリデーシーズンがやっと終わりました。
10月からずっと走り続けてきた感いっぱいで
もうこれ以上は限界、息切れゼーゼー。
規則正しい日常に戻れて嬉しい。



でもよく考えたら1ヶ月とたたないうちに
旧正月ホリデーに入ってしまうのですよね。。。
もうお休みはいりません、
毎日平日でも良いくらいです。





そんな気分でホリデーシーズンの〆に訪れました
週末のイーストコーストパーク。




f0368936_18101483.jpg




お天気が良かった代わりに日中とても暑かった!
なので夕方からお出かけ、
海沿いをさらっとサイクリングしてきましたよ。





f0368936_18104116.jpg





本当に本当に久しぶりに訪れた
イーストコーストパークで見るサンセットはとても綺麗で
ちゃんとしたカメラを持って来るべきだったと
後悔しまくり。
だけどiPhoneで十分だった?
改めてポートレートモードって凄いなと思いました。






f0368936_18134708.jpg





シンガポールに引っ越してきてから
ずっとオーチャードエリアを住まいとしております。
都心は都心なりに便利で変化のある生活が送れ
それなりに楽しく充実しているのですが
最近はゆったりスローライフが送れるところに
住んでみたいなと思うようになりました。





f0368936_18102853.jpg




太陽と戯れのびのびと健康的な生活が送れそうな
イーストコーストエリアは空が広くて
ハワイのアラモアナ辺りみたいで良いなあ
なんて思ってみたり。



シンガポールに来る前はハワイ移住も考えていた我が家
現地物件巡り結構やっておりました。
ところがどっこい、引っ越し先はシンガポールに!?
人生何が起こるかわからないものです。






さてさて、サンセットのとても綺麗な時間に
運よくウォークインで
レストランに入ることができました。
イーストコーストに来たからにはがっつりチリクラブ!




f0368936_18095252.jpg




イーストコーストで頂くチリクラブも久しぶり。
やっぱり美味しい〜




f0368936_18103565.jpg




良い週末でした!








おまけ。


ゴミがある。


f0368936_18093980.jpg








ランキング参加中035.gif

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ






by chocolat2008 | 2017-01-10 00:00 | Singaporeお出かけPHOTO

Tea Session@Tea Bone Zen Mind


f0368936_13104048.jpg


少し前に訪れたシンガポールのお茶どころ
Tea Bone Zen Mind。


お茶屋さんなんですが
サンプルティーセッションを予約すると
カフェのように利用することもできます。


定期的にメニューが変わるお茶サンプルと
お茶請けのペアリング。
お菓子のサーヴの仕方や茶器に拘りがあり、
目にも舌にも楽しめるコースになってます。


この日は送別会で訪れました。


参加メンバーが全員カメラ女子で
尚且つ私=CHOCOL@Tと身バレしている
数少ない奥様方だったので
皆であーでもないこーでもないと
心置きなくお写真を撮りまくるという会となりました。


しかしせっかく普段あまり使わない
カメラとレンズを持参して
撮りまくったというのに
お写真が行方不明になってしまいました。
(間違って消しちゃったのかも)


なのでかろうじて残っていたiPhone画像でUPです。





Tea Bone Zen Mindさん、
最近オーチャードエリアのエメラルドヒルに
お引越しされていたのですね!?


とても素敵なショップハウスに
新店舗を構えておられました。
しかし、入り口がわかりにくい。


f0368936_13104131.jpg


お店のサインすら無いような、
頼みの綱はインターホンのみという。


ちなみに以前の店舗のショップハウス入り口には
サインがありました。↓
確か前のお店に行った時も送別会だったな~


f0368936_13104166.jpg

更にその前は
ラッフルズホテルの近くにあったと聞いています。





エメラルドヒルのショップハウスだなんて素敵すぎる。
オーチャードからすっと横道に入っただけで
それはそれは美しいプラナカン様式の
ショップハウスが立ち並ぶ
閑静な住宅エリアになっているのですよ。


観光でいらした方にも
是非とも散策をお勧めしたい場所です!


f0368936_13104136.jpg


私は時々犬の散歩がてら通るのですが
犬を連れているとエメラルドヒルの住人と
思われてしまうのか、今まで2回ほど


「あなたはエメラルドヒルの住人ですか?
お家の中を見せてもらいたい!」


と声をかけられたことがあります。
いや、私の方が見せてもらいたいくらいなんですけどね


オーチャードロード側は比較的古い様式の
トラディショナルショップハウスになってますが
奥に進めば進むほどオーナーの好みで
リノベーションが施されていてモダンです。


日本人から見ると
そこはかとなく昭和の香りがするテイストで
とてもノスタルジックな気分に浸れます。





TEA BONE ZEN MIND
teabone.com.sg






f0368936_13070934.jpg

にほんブログ村シンガポール情報

f0368936_13070973.jpg

写真ブログフォトスタイリング

ランキング参加中♪お帰りの際にぽちっと一押し、ありがとうございます。





by chocolat2008 | 2015-07-02 00:00 | Singapore☆Tea Time

f0368936_12585391.jpg




先日、久しぶりにカフェ巡りの一貫として
ティオンバル(チョンバル)を訪れました。
やー、ほんと久しぶり!
どのくらいぶりでしょうか。



今更ですが
コンサベーションエリアの続きでございます。





ティオンバルと言えばウェットマーケット(市場)
そしてホーカーなどのローカルフード。




f0368936_12585561.jpg



ランチ時にわざわざタクシーで
乗り付ける人がいらっしゃる位
美味しいお店があるということで
胃袋鷲掴みのエリアですね。



戦前までアッパークラスの
居住区域として栄えたこの地域は
かつてはリッチな旦那様が
2号さん(お妾さん)を住まわせるところとして
有名だったそうです。



『Den of Beauties』なんて
別名が付いていたくらいなので、、、
愛人街ですかね。



きっとお綺麗な方が
沢山お住まいになっていたのでしょう。





そんなティオンバルの街並は
現在コンサベーションエリアとして
国に保護されています。



よく見ると他地域とは違う趣があるの。




f0368936_12585560.jpg



独特のカーブを描く同じ様な形の
真っ白フラットが立ち並んでいます。



ストリームライン・モダンというアールデコ調と
ショップハウスのMIXで粋な感じ。





特徴としては弧を描くバルコニーや
真っ平らな屋根、裏口にぐるぐる螺旋階段など。
Wikipediaによると
地下にはシェルターがあるみたいです。




f0368936_12585660.jpg



シンガポール名物のショップハウスとは
また違った魅力で面白いです。





個人的に好きなのはこの煉瓦作りのフラット、
形が船みたい。。。
雨雲がすぐそこまで迫って来ている時に撮ったお写真なので
まるで地獄絵図のよう




f0368936_12585674.jpg



で、前編にも書きましたが、
ティオンバルは比較的便利なエリアにもかかわらず
お家賃が安価。



ということで数年前から小さなカフェや
デザインスタジオ、アートギャラリーなど
インディーズがちょこちょこと登場していて
いわゆるかっちょいいエリアとなってます。



日本で言うと、20~30年前の代官山とか
神宮前のような感覚かな。。。




f0368936_12585678.jpg

<ここまでのお写真、2011年2月のものです>





さて、久しぶりのティオンバル散策、
スタートはやっぱり『40Hands』



f0368936_12585788.jpg



店内かなり年季の入った感じになって来ておりましたが
未だお客さんが途絶えないのは凄い事だと思います。





さくっと見て回るだけでも
結構新しいお店が幾つも出来てました。



f0368936_12585763.jpg



右下の『OPEN DOOR POLICY』のコーヒーバーは
40Handsのチームが担当との事で
是非入ってみたいビストロの一つ。





Yong Siak St以外の場所でもこんな感じで。




f0368936_12585784.jpg



他にもちらほらと謎のお店?が。
1年後、どう変わるか楽しみなエリアでもあります




f0368936_12585707.jpg






by chocolat2008 | 2012-04-29 00:00 | Singaporeお出かけPHOTO


f0368936_00293501.jpg


今月いっぱいで終了するマレー鉄道 in シンガポール。


不定期長期連載8回目となりましたが、
多分、、、これが最終編かな?





駅舎を見学していたら周辺の様子が急に慌ただしくなり
聞けば、タンジョンパガー駅を出発した列車が
間もなくブキティマ駅を通過するとのこと。


見学者が一斉に向かった先は、、、



f0368936_00293517.jpg


鉄道信号システム操縦室、
と言ったら良いのでしょうか。


なんと、手動でございます。
初めて見ました!!!





ずらりと並んだ操作レバー達。



f0368936_00293519.jpg


鉄道ファンの皆様、
こちらが『腕木式信号機』の操作レバー
というものでございますか?





その腕木式信号とやらを
確認する事は出来ませんでしたが
操縦室からごっそり線路に向かって
操作棒が繋がっているのが見えました。



f0368936_00293592.jpg


未だに手動、テコの原理で操作していたとは。。。
といいますか、昔は皆手動だったのよね、日本も。





そして気になる線路内の不思議表示。



f0368936_00293511.jpg


マレー鉄道はオール単線の為、
所々で衝突事故防止用の『通行証』が必要なんですって。


現在停車駅ではなく通過駅の役割であるブキティマ駅は
通行証受け渡しの場なんです。


輪になったものがいわゆるタブレット式の通行証で、
なかなか面白いシステムなの。


参考サイト → ☆





駅員さんがタブレットを手に持ち、
待ち構えてます。



f0368936_00293539.jpg



おお!本当だ!列車に乗ってる人が、、、
手を出してます。


ええ!?走りながら? 
できるの?



f0368936_00343070.jpg



は、はやっ!



f0368936_00293574.jpg



行っちゃった。。。




f0368936_00341965.jpg


無事、渡せた模様。





どうも、単線ならではのタブレット受け渡しの瞬間が
ブキティマ駅の見どころのようですね。


偶然見れたとは言えラッキーでした♪


今回は走りながらの受け渡しでしたが、
ダイヤが乱れて交換列車のタブレット到着が遅れると
列車は各駅で延々と待たされるはめになる
ということかな。


マレー鉄道の時刻表があてにならない意味が
よーくわかりました





最後になんとも味のある鉄橋を眺めて。


線路沿いをのんびりと歩いて楽しむ方達も
見かけました。



f0368936_00293529.jpg



廃線後のシンガポール国内マレー鉄道路線は、
周辺の自然保護、史跡保護のため
遊歩道の様なものになる可能性が高いとのことです。


新しいコンドやショッピングセンターに利用されるより
ずっといいですね。





さて肝心のタンジョンパガーから乗る
マレー鉄道でございますが
先週駅を訪れたら、
マレーシアJBセントラルまでの切符購入は
発車24時間前からになってました。


長距離乗車が優先になるからかな?


どうしても乗りたい場合は並ぶ必要がありそう



f0368936_00293578.jpg


恐らく列車に乗る事は無いと思いますが、
二つの駅を訪れて、
シンガポールの古き良き時代を
充分堪能することができました。





ながながと続きましたマレー鉄道記事に
お付き合い下さりありがとうございました





 KTM Bkit Timah Railway Station
(off Bukit Timah Road, near King Albert Park)





by chocolat2008 | 2011-06-24 00:29 | Singaporeお出かけPHOTO


f0368936_00235090.jpg



マレー鉄道の始発駅タンジョンパガーから
国境ウッドランドまでの距離は約26キロ。
(国内のマレー鉄道は
旧クレメンティージュロン線を含むと
総距離40キロになります)


ちょうど中間地点のブキティマに、
実はもう一つ駅があるということで行って参りました。





シンガポールを南北に貫くブキティマロードの途中に
マレー鉄道の看板が立っていたなんて、、、
今まで全然気がつきませんでした。


ああ、なんだかいたずら書きされてますね、大丈夫?



f0368936_00235145.jpg


タンジョンパガーを出発して
クイーンズタウン、クレメンティを通り
ちょうどブキティマロードと交差する辺りが
ブキティマ駅になってました。





目印はこの真っ黒な鉄橋。



f0368936_00235153.jpg


何度も通った事のある道なのに、
鉄橋の存在にすら気づきませんでしたわ。


今まで何を見てたのかしら?





ブキティマロードから直角に小道を入って行きます。



f0368936_00235005.jpg



私のお写真では
ちっとも伝わらないかもしれませんが、、、
じわっとくる暑さと虫の音と、
むせ返る程の草の香りと


ここは本当にシンガポールかと思うくらいの
ノスタルジックさで
なんだか涙が出そうな位良い所でした。


一緒に行った主人がいきなりここで
『スタンドバイミー』の歌を口ずさみ始めたので
子供に「パパ、変な歌うたわないで」
とたしなめられてました、ぷくく。


そうか、まだ映画を見た事ないからね~


線路脇に死体なぞ見つかりませんように。
(←ありえませんから)





シンガポール国内でありながら
何故かマレーシアのものであるブキティマ駅。



f0368936_00235080.jpg


1932年に作られたという赤煉瓦の小さな駅舎は
とてもとても古くて。。。


駅長さんはきっと
駅に住み込みでお仕事されているのですね。


小さなお部屋にベッドやTV、
外にはお洗濯物が干してありました。


*所々に写真撮影に関しての注意書きがあったので、
了承を得てから撮らせてもらいました。





ブキティマ駅もタンジョンパガー駅と同様、
7月1日をもって業務を終了、
建物は保存されることが決まってますが
どうやら一部のみなので
駅の様子はこれで見納めになるかもしれません。



f0368936_00235065.jpg



週末はお天気も良かったこともあり見物客も沢山。

小さな子供を連れたファミリーや老夫婦、
カメラ小僧など、
皆さん静かに興奮してました。



f0368936_00235068.jpg


一通り見てそろそろ帰ろうかと思ったとき、
突然駅舎内が慌ただしくなり
どうやらタンジョンパガーを出発した列車が
通過することがわかりました。





時刻表を確認せずに出かけて来たのに
またもナイスタイミング!!!!!



f0368936_00235025.jpg


向こうからやって来る、やって来る♪





KTM Bkit Timah Railway Station
(off Bukit Timah Road, near King Albert Park)




by chocolat2008 | 2011-06-16 00:00 | Singaporeお出かけPHOTO


f0368936_00071916.jpg


駅のホームに広がるキャンティーン(食堂)。


キャンティーンのある到着ホームは誰でも入れるので、
食事目的で来てる人もちらほら。。。





キャンティーンの名前は
『M.HASAN Railway Station Canteen』


マレー鉄道らしくマレーシア料理、
マレーフードを中心に扱った食堂になってました。



f0368936_00071917.jpg


中には小さなストールが5、6個程、
食べるスペースはあるものの狭いので
ホームまでテーブルセットが進出、
溢れ出てしまったって感じでしたね。





そして驚くなかれ24時間営業


営業時間が4PM-4AMって表記に
「何故に4時?」とつっこみたくもあり。



f0368936_00071973.jpg


もうね、全てに年季が入っておりました。


本当に真夜中、丑三つ時に飲食できるのかどうか
この目で見てみたい気もします。





実はキャンティーンの中に
美味しいロティ・ジョン(マレー風スナックパン)
があるということで張り切って出かけたわけですが、、、



f0368936_00071991.jpg



案の定売り切れでした。


食べれないとなると一層気になる!




***




これにてマレー鉄道シンガプーラ駅
(タンジョンパガー・レイルウェイステーション)
の記事は終了でございます、
おつきあい頂きありがとうございました。


次はシンガポール国内に存在する
もう一つのマレー鉄道駅に行ってみようと思います。





おまけ。


出発ホームと到着ホームの間にある謎の乗り物。



f0368936_00071934.jpg


トロッコ?でしょうか?





Tanjong Pagar KTM Station
30 Keppel Rd.




by chocolat2008 | 2011-06-08 00:00 | Singaporeお出かけPHOTO

f0368936_12582711.jpg





ウェットマーケット(市場)でお馴染みの
ティオンバルマーケットを
少し入った所にある古い住宅街。



ショップハウスとはまた違った
シンガポールの昔の姿が残っていて
とても面白いエリアです。




f0368936_12582754.jpg




現在はコンサベーションエリア(保存指定地域)として
街並、建物が保護されてます。



最近は少しずつお店が進出して来て
ちょっとした注目スポット。




f0368936_12582838.jpg




比較的便利な立地であるにもかかわらず
意外と家賃がお安いところに
ショップオーナー達が目を付けたそうな。





このエリアで恐らく今のところ唯一のカフェ。




f0368936_12582841.jpg




どうしてまたこんなところに、、、
と思う様な住宅街カフェなんですが
週末のブランチタイムなんて
人で溢れかえり凄いです!





なんとクラブストリート(アンシャンヒル)にあったお店も
移動して来ました。
(オープンは2月末)




f0368936_12582876.jpg




他にもアートギャラリーなど。。。



今はまだ静かで閑静な住宅街ですが
魅力的な建物が沢山あるので
これからどんなお店がオープンするのか
楽しみなエリアです。





真っ赤な道路標示が可愛過ぎ!




f0368936_12582825.jpg




こんな感じでとりあえず
極彩色お写真だけUPしてみました。
デジイチ画像とエリアの詳細は
また別記事でUP致します♪





お散歩の〆にマーケットでお写真用のお花を調達。
20本もいらないのに、、、ま、いいか。




f0368936_12582912.jpg



ところでこのウェットマーケット、
ローカルの方曰く
週末が一番鮮度も品揃えも良いそうな。



どうやら週末が一番お客さんが多いので
それに合わせて仕入れをしているというお話。



日本だと週末の市場はお休みって感覚だけど、、、
実際のところどうなんでしょうね。







by chocolat2008 | 2011-02-23 00:00 | Singaporeお出かけPHOTO

f0368936_12582931.jpg



マレー鉄道の最南端駅タンジョンパガー駅は
タイムテーブル上では
シンガポール(SIINGAPURA)駅となってます。


マレーシアから南下して来て
シンガポール国内唯一の駅なので
シンガポール駅でも通じない事はないけれど
『タンジョンパガー レイルウェイ ステーション』
と呼ぶのが正式のようです。



f0368936_12582960.jpg



因みにMRTにもタンジョンパガー駅というのがありますが
全くの別物。


マレー鉄道最初のシンガポール内駅は
1903年のフォートカニング ヒルなので
1932年に移転開業したタンジョンパガー駅は
実はそれほど古い建物ではなかったりします。



f0368936_12582946.jpg


一見図書館風な建物の正面には大理石レリーフがあって
作者はフラトンビルディングなど
シンガポール国内に多くの作品を残している
イタリア人彫刻家だそう。(故人)


なるほど共通するものがありますね。





左から

Agriculture(農業)
Commerce (商業)
Transport (運送)
Industry(産業)


f0368936_12583018.jpg



F、M、S、Rは恐らく
Federated Malay States Railway
(マレー連合州鉄道)の略。


更に興味深い事に建築様式からレリーフ、
時計に至るまでかなり似ている駅が
フィンランドはヘルシンキにあるそうです。


f0368936_12583047.jpg

とある外国人のコラムで写真入りで解説されてました。





一歩中に入ると、天井はイスラムの星、八芒星だらけ。

f0368936_12583009.jpg

ああ、ここはマレーシアなんだなと
改めて感じさせてくれます。


というのも1965年にシンガポールは
マレーシアから分離独立したものの
マレー鉄道と駅は今もマレーシアが所有、
経営しているので
ここはシンガポール国内であって
シンガポールじゃない所、なのですわ。





そんな複雑な状況に終止符を打つべく遂に今年6月
シンガポール国内のマレー鉄道用地が
シンガポールに返還されることになりました。


f0368936_12583096.jpg


それに伴い国内のマレー鉄道路線は廃線となり
タンジョンパガー駅はその役目を終えます。


廃線後の駅はナショナルへリテージボードの管理のもと
保存活用されるそうで
個人的には『マレー鉄道博物館』あたりになるといいな
なんて思います。





それでは中に入ります~


f0368936_12583017.jpg


続きは来週以降。





by chocolat2008 | 2011-02-18 00:00 | Singaporeお出かけPHOTO

f0368936_12583140.jpg



雨季あけの青空をいまかいまかと待ち焦がれ
先週末遂に鉄子デビュー致しました。


本物の鉄道ファンには申し訳ないくらいの
まさに期間限定の俄鉄子でございますが



f0368936_12583148.jpg



まもなくシンガポール国内から姿を消す
マレー鉄道の最南端スポットを
これまた俄仕込みの知識で
なんとか綴って行こうと思います。


既にお写真の数も膨大になっております故、
よって暫くの間、不定期長期連載となります。



f0368936_12583240.jpg



今年の6月に
こちらタンジョンパガー駅 ~ 
ウッドランズの区間が廃止される為
7月1日からはマレーシアとの国境付近にある
ウッドランズ・トレイン・チェックポイントが
マレー鉄道最南端駅となります。


そのウッドランズへの乗り入れも
2018年までには廃止。


マレー鉄道のシンガポール国内の歴史に
終止符が打たれます。



f0368936_12583339.jpg



あと4ヶ月程で見られなくなってしまう
古いタンジョンパガー駅の風景をカメラに収めようと
先週末は多くの人が訪れていました。


日本人もけっこういらっしゃいましたよ。


シンガポール国内でありながら
何故かマレーシアでもある不思議なこの空間。



f0368936_12583371.jpg


ノスタルジックの宝庫でまさに今年の
シンガポールのスーパースポットだそうです。





マレー半島を縦断する豪華列車
イースタン&オリエンタル急行が
ここタンジョンパガー駅から発車する回数も
残す所わずかとなりました。



f0368936_12583354.jpg


最後の発車の時はきっと盛り上がる事でしょう。





駅のホームで列車の乗り方がわからないと
日本人バックパッカーの男の子に声をかけられたので
ついでにチケットを撮らせてもらいました。


f0368936_12583358.jpg


クアラルンプールまで7時間。

空路を使わず列車で旅するのもなんだかいいものですね。

近々私もトライしてみようと思います。





せーんろはつづくーよー♪どーこまーでーもー♪

線路はここから遥かタイまで続いています。


f0368936_12583327.jpg



Tanjong Pagar KTM Station
30 Keppel Rd.




by chocolat2008 | 2011-02-17 00:00 | Singaporeお出かけPHOTO
f0368936_12581716.jpg



いけませんね、既に宿泊から1年が経とうとしているのに
まだ終わってませんでした、ラッフルズホテル日記~





ラッフルズホテルを訪れた事のある方なら
皆さんご存知だと思います


パームガーデンの噴水。


f0368936_12581820.jpg


ここで記念写真を撮るのもかなり定番中の定番。
私も何度撮った事か





さてとこのヴィクトリア調噴水、
1890年代初めに
グラスゴウ(スコットランド南西部)の
William Macfarlane & Coが製作したもの。


遥かヨーロッパからやってきた鋳鉄製のこの噴水、
実は、、、


f0368936_12581847.jpg


以前はオーチャードにあったそうです。





1902年~1930年まで
オーチャードロード・マーケットの正面に
設えられていたそうな。。。


f0368936_12581977.jpg


そのオーチャードロード・マーケットというのが
どのようなものだったのかはわからず。


とにかくオーチャードロードの
ランドマーク的存在だったらしい。





その後、とあるシンガポールファミリーによって
ホテルに寄付という形になったとのこと。


f0368936_13191899.jpg


幾場所か回り回って最終地点がラッフルズホテル、、、
なんて幸運な噴水なんでしょう





Raffles Hotel Singapore
1 Beach Road
6337-1886
www.raffleshotel.com







by chocolat2008 | 2010-11-01 00:00 | ☆ラッフルズホテル☆2010

フォトジェニックな日々 Happy Singapore Diary ::::::::::::::::::::::::::シンガポール在住/時々日本、時々それ以外の国 /写真と旅とお花と美味しいものを少々の日々


by CHOCOL@T
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31