フォトジェニックな日々 シンガポール在住 時々日本、時々それ以外の国

Ernest Zacharevic's Murals~ペナン島ジョージタウンの旅14


f0368936_13072634.jpg



Boy on a Bike @ Ah Quee Street


アルメニアンストリートまでわざわざ戻って来た理由は
これでした。


この辺り一帯に散りばめられている
ストリートアートを見るため


世界遺産に登録されたジョージタウンの
異国情緒溢れるノスタルジックな街並を
現代アートで飾るというなんとも大胆な試みは
どうやらペナン州の肝いりプロジェクトのようです。





アチェストリートの
『バイクに乗る少年』の壁画の前には
本物のバイクが括り付けられており、
まとめて一つの作品。


f0368936_13072628.jpg



そんなストリートアートと共に記念写真を撮る為、
通りには行列ができておりました。


作者はリトアニア出身の
アーネスト・ザハレヴィック(Ernest Zacharevic)
プロフィールのお写真を見ると結構若者なんですね。


2012年のジョージタウンフェスティバルの一貫として
全部で9つの壁画を描いて行ったそうです。





お隣の壁面にもう一つ。


Little Boy with Pet Dinosaur @ Ah Quee Street


f0368936_17390391.jpg



私この画は凧揚げをしているのかと思ってました。


んがっ、
ロープの先にはダイナソーが描かれていたんですって!


当然だけれど、屋外壁画なので
日光や雨にさらされ時間と共に風化し消えている。。。


そう考えると一連の壁画アートが見れるのも
この先数年ぐらいかもしれませんのう





壁画の近くでは
関連グッズを売る露店なぞ出てたりして。


f0368936_13073312.jpg



商魂逞しいと言いますか、
ナイスアイデアと言いますか。





もうちょいっ。


Reaching Up @ Cannon Street


f0368936_13073356.jpg


f0368936_13073374.jpg



This Old Man @ Armenian Street


ええっ?何処に?って感じよね。


お写真整理していてさっき気づいたのですが、
窓の上部に巨大なお顔の壁画があったんです。


窓が可愛いなと思って撮ったお写真に、
かろうじて唇と顎の線が写っているという~





そんなアーネスト君が
ジョージタウンに残して行った壁画の中で
恐らく一番有名なのはこちらなのではないかと。


f0368936_13073335.jpg



ま、また並んでるうう。


みんなごゆっくり記念写真撮ってるから、
時間のない私は気が気で無い。


そんな余裕の無い気持ちでお写真を撮ると、
ほらやっぱり。



f0368936_13073445.jpg



Little Children on a Bicycle @ Armenian Street


前輪が切れちゃってるじゃないかあ


それにしても実に生き生きと描かれていて、
まるでそこに子供たちがいるかの様な
錯覚に陥るくらい。


こちらの壁画、昨年には英国ガーディアン紙が選ぶ
世界の15大壁画にアジアで唯一選ばれたそうです。





そんなアーネスト君の壁画、
実はシンガポールにもあるって!?


ここです。→


や~探しに行っちゃおうかな。





おまけ。


この画もそう?


f0368936_13073497.jpg



と思ったら違いました。


こちらは2013年のジョージタウンフェスティバルの
『101 Lost Kittens』というプロジェクトで
別のアーチストの作品だそうです。



f0368936_13073433.jpg



ジョージタウンに散らばる101匹猫ちゃんを探せ!


隠れろ!壁の向こうには大きな猫がいるぞ。



f0368936_13073486.jpg


楽しかったです






f0368936_13070934.jpg

にほんブログ村シンガポール情報

f0368936_13070973.jpg

写真ブログフォトスタイリング

ランキング参加中♪お帰りの際にぽちっと一押し、ありがとうございます。





[PR]
by chocolat2008 | 2014-04-09 00:00 | ★ジョージタウン/ペナン島2013