フォトジェニックな日々 シンガポール在住 時々日本、時々それ以外の国

ミモザで遊ぶ♪


f0368936_13095407.jpg



ブーケを作る段階で剪定のため切り落とした
ミモザの小枝たち。


この子たちだけでも十分可愛い~


あれこれスタイリングして
ひとしきり撮った結果この辺で落ち着く。





それにしても私はスタイリング用のグッズを
あまりにも持っていない。。。


このお写真だってたまたまお家にあった
ワインの木箱の底面を使ってます、ふはは。


いろいろバリエーションを増やしたいなという思いと
お家の中にこれ以上物を増やしたくないという思いが
常に戦っております。


これ如何に。





大したグッズ使いはできないけれど
毎回これだけは気をつけていること。


それは「床置きに見えない」こと。


一眼レフを購入して間もない頃、
約5、6年前のことになりますが
シンガポールの南国フルーツを人工大理石の
クッキングボードの上に載せて撮ったお写真が


どうも床に直置きに見えたようで
汚いよと言われてしまった経験あり。


ちゃんとお料理用のボードだったのに、
材質がまさにシンガポールでよく使われている
床材と瓜二つでこれには凹みました。


しかもシンガポールのコンドミニアムは
玄関からフラットな状態で
日本のように入り口に靴を脱いで上がる
段差があるわけでなくお外との境界線が曖昧なんです。


この辺りはホテルをイメージしていただくと
わかりやすいかと。


中には靴のままどうぞという
お宅もあるわけだから。。。


食べ物は勿論、
身に付けるものや本なども床置きだと
人によっては不潔な印象を持つこともあるのだなと
気付かされました。


床に置いて良いものは
家具や一部インテリアグッズ、
靴、おもちゃ(幼児は床に近い生活なので)
くらいなのかなと






f0368936_13070934.jpg

にほんブログ村シンガポール情報

f0368936_13070973.jpg

写真ブログフォトスタイリング

ランキング参加中♪お帰りの際にぽちっと一押し、ありがとうございます。





[PR]
by chocolat2008 | 2015-02-09 00:00 | 写真☆カメラ