フォトジェニックな日々 シンガポール在住 時々日本、時々それ以外の国

DAY1 Program/ドラマチック・ウルルサンセット~ウルル&カタ・ジュタの旅9




f0368936_15081826.jpg



リゾート到着後暫しの休憩をとりまして
夕刻からいよいよツアープログラムに参加。


ロンギチュード131°の3泊パッケージには
自動的に4日間のプログラムが付いていて
グランピングリゾートを楽しみつつ
周辺観光を堪能できるようになっていました。


プログラムはローテーションで催行されているので
到着のタイミングによって順番はまちまちですけど
内容は変わらないかと思います。
(2015年7月)


16:30頃デューンハウスに集合。
他のゲストの皆さんと一緒に車に乗り込みます。
陽が沈むと一気に寒くなるので防寒必須でしたね。
本当朝晩の気温差が半端なくて油断大敵。



f0368936_15090735.jpg



向かうはウルル・カタジュタ国立公園内の
サンセット展望台。
展望台と言っても見渡す限り平面の荒野なので
展望スポット、展望エリアと言った方がしっくり。



f0368936_15091252.jpg



赤茶色のデューンウォークをザクザクと進む途中で
突如ドリンクバーが出現しました。



f0368936_15080343.jpg



まあ、ロンギチュードさんは行く先々で
このようにワインにシャンパン、ジュースにスナックを
提供して下さるわけですわ。


手ぶらグランピングの醍醐味とでも言いましょうか
サンセットのクライマックスまでの時間を
オーストラリアワインを飲みつつ
スタッフさんとお話ししつつ
ゴージャスな時間を過ごすことができました。



f0368936_15074687.jpg




観光スポットに行くと必ずいらっしゃいますね。
とりあえずイニシャル書いてみる人。
あと石を積み上げていく人とかね。


ちなみにちらりと写っている私のネイルなんですが
長いことお世話になっているネイリストさんが
私の旅行先をイメージしてデザインして下さったの。
ミッソーニ風のパターンで
カラーがウルルにマッチしていて
とてもお気に入りでした。


そんなこんなで
サンセット色のロゼワインでいい気分になったところ
ふと振り向いたらウルルが夕日に照らされ
深いオレンジ色に染まり始めてました。


この日のサンセットタイムは18:08。



f0368936_15092406.jpg



おっといかんいかんと、皆で更にウルルに近づく。



f0368936_15081123.jpg




どどんと燃えるようなサンセット色に染まる
世界最大級一枚岩ウルル。



f0368936_15082697.jpg



一つの個体でこれだけの大きさと存在感を持つものって
地球上にどのくらいあるかなと考えた時
間違いなくそのリストに入るであろう聖地ウルル。


写真じゃそのスケールは伝わらないだろうけど
機会があれば一生に一度は見ておいて
損はないと思います。。。


別方向にはもう一つの聖地カタジュタのシルエット。



f0368936_15083167.jpg



更にサーモンピンクやラベンダーカラーに色を変えていく
ウルルのマジックアワー。



f0368936_15084680.jpg



空気が綺麗だから何もかもが澄んでいて
その中で刻々と表情を変えていくウルルの姿は
いつまでも見ていたいなと思いつつ


サンセット見学のご一行様は
名残惜しそうにリゾートに戻っていくのでありました。



f0368936_15083913.jpg




明朝訪れる予定のカタジュタも楽しみです。



f0368936_15085878.jpg


さてお次は星空の下でディナーです。
寒そうだな。





おまけ。


お花を見るとついつい反応してしまうの。
こんな小花のワイルドフラワーを使ったブーケも
良いかなって。


f0368936_15085148.jpg





ランキング参加中




にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へにほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ






[PR]
by chocolat2008 | 2016-08-12 00:00 | ★シドニー・ウルル&カタジュタ2015