フォトジェニックな日々 シンガポール在住 時々日本、時々それ以外の国

KTM ブキティマ駅 もうひとつの駅編 ~ マレー鉄道シンガポール(7)



f0368936_00235090.jpg



マレー鉄道の始発駅タンジョンパガーから
国境ウッドランドまでの距離は約26キロ。
(国内のマレー鉄道は
旧クレメンティージュロン線を含むと
総距離40キロになります)


ちょうど中間地点のブキティマに、
実はもう一つ駅があるということで行って参りました。





シンガポールを南北に貫くブキティマロードの途中に
マレー鉄道の看板が立っていたなんて、、、
今まで全然気がつきませんでした。


ああ、なんだかいたずら書きされてますね、大丈夫?



f0368936_00235145.jpg


タンジョンパガーを出発して
クイーンズタウン、クレメンティを通り
ちょうどブキティマロードと交差する辺りが
ブキティマ駅になってました。





目印はこの真っ黒な鉄橋。



f0368936_00235153.jpg


何度も通った事のある道なのに、
鉄橋の存在にすら気づきませんでしたわ。


今まで何を見てたのかしら?





ブキティマロードから直角に小道を入って行きます。



f0368936_00235005.jpg



私のお写真では
ちっとも伝わらないかもしれませんが、、、
じわっとくる暑さと虫の音と、
むせ返る程の草の香りと


ここは本当にシンガポールかと思うくらいの
ノスタルジックさで
なんだか涙が出そうな位良い所でした。


一緒に行った主人がいきなりここで
『スタンドバイミー』の歌を口ずさみ始めたので
子供に「パパ、変な歌うたわないで」
とたしなめられてました、ぷくく。


そうか、まだ映画を見た事ないからね~


線路脇に死体なぞ見つかりませんように。
(←ありえませんから)





シンガポール国内でありながら
何故かマレーシアのものであるブキティマ駅。



f0368936_00235080.jpg


1932年に作られたという赤煉瓦の小さな駅舎は
とてもとても古くて。。。


駅長さんはきっと
駅に住み込みでお仕事されているのですね。


小さなお部屋にベッドやTV、
外にはお洗濯物が干してありました。


*所々に写真撮影に関しての注意書きがあったので、
了承を得てから撮らせてもらいました。





ブキティマ駅もタンジョンパガー駅と同様、
7月1日をもって業務を終了、
建物は保存されることが決まってますが
どうやら一部のみなので
駅の様子はこれで見納めになるかもしれません。



f0368936_00235065.jpg



週末はお天気も良かったこともあり見物客も沢山。

小さな子供を連れたファミリーや老夫婦、
カメラ小僧など、
皆さん静かに興奮してました。



f0368936_00235068.jpg


一通り見てそろそろ帰ろうかと思ったとき、
突然駅舎内が慌ただしくなり
どうやらタンジョンパガーを出発した列車が
通過することがわかりました。





時刻表を確認せずに出かけて来たのに
またもナイスタイミング!!!!!



f0368936_00235025.jpg


向こうからやって来る、やって来る♪





KTM Bkit Timah Railway Station
(off Bukit Timah Road, near King Albert Park)




[PR]
by chocolat2008 | 2011-06-16 00:00 | Singaporeお出かけPHOTO